【価格別おすすめ紹介】今まで購入・レビューしたワイヤレスイヤホン・ヘッドフォンまとめ

バングアンドオルフセンのノイズキャンセリング付きワイヤレスヘッドホンbeoplay h9iナチュラルの外観

今まで購入してレビューしたものからPRで頂いたものを価格帯別にまとめてみた。

記事で書いてきたもの以外でも色々なタイプのイヤホン・ヘッドホンをブログを初めて2年間で試してきたので、参考になればと思う。聞いたことがある有名なものから、ちょっとコアなものまであるのでご覧あれ。

おすすめ完全ワイヤレスイヤホン(高価格帯・2〜5万円)

Jabra Elite Sports 4.5:スポーツに最適で心拍数もリアルタイムで見れる

「Jabra Elite Sports」の本体と携帯充電ケース

Jabra(ジャブラ)は日本では馴染みがないが、欧米では非常に知名度の高いオーディオブランド。Jabraブランドを持つGNはデンマーク・コペンハーゲンに本社を構え、1869年に電信会社として誕生し補聴器などを開発するグローバルメーカーだ。

Jabra Elite Sportsはその名の通り、特にランニングなどに特化したモデルで普段使いはもちろん心拍数もリアルタイムで測定してくれる。

Jabra Elite SportsのフィットネスアプリJabra Sport Lifeで心拍数を測定

走りながらペース調整を音声で指示してくれるので、パーソナルトレーナーと一緒に走るようにランニング可能。もちろん音質も非常に良いので普通にワイヤレスイヤホンとしても優秀だ。

音質と共に運動のモチベーションを上げたい方に非常におすすめな完全ワイヤレスイヤホン。

▶︎「Jabra Elite Sports 4.5」1ヶ月使用レビュー。最高峰の完全独立型ワイヤレスイヤホンはフィットネスに最適だった

「Jabra Elite Sports 4.5」1ヶ月使用レビュー。最高峰の完全独立型ワイヤレスイヤホンはフィットネスに最適だった

Bose SoundSport Free:揺るぎない高音質を完全ワイヤレスで

Bose SoundSport Free wireless headphones 完全ワイヤレスイヤホン ミッドナイトブルー/イエローシトロン本体とケース

今現在僕がメインで使用しているBose SoundSport Free。完全ワイヤレスなのに非常に高音質なので日々使用していいる。さすがはBoseといった完成度。

非常に軽量かつ汗や前などにも耐えうる防滴モデルなので、スポーツ運動から普段使いまで幅広く使用できる。

Bose SoundSport Free wireless headphones 完全ワイヤレスイヤホン ミッドナイトブルー/イエローシトロン本体裏側

イヤーピースのフィット感も良い。ケースが少し大きめなのが不満点ですが、音質やBluetoothの自動接続もスムーズで非常におすすめする完全ワイヤレスイヤホン。Bose好きの方はぜひ試していただきたい。

▶︎Bose SoundSport Freeミッドナイトブルー開封・使用レビュー。高音質を完全ワイヤレスで

Bose SoundSport Freeミッドナイトブルー開封・使用レビュー。高音質を完全ワイヤレスで

SONYのノイズキャンセリングイヤホンとの比較記事もあるので、こちらも参考までに。

▶︎【完全ワイヤレスイヤホン比較!】Bose 「SoundSport Free」とSONY「WF-1000X」の実機をヨドバシカメラで試着してみた!

【完全ワイヤレスイヤホン比較!】Bose 「SoundSport Free」とSONY「WF-1000X」の実機をヨドバシカメラで試着してみた!

Bose SoundWear Companion:音を着れる新感覚の迫力あるスピーカー

bose_sound_ware_companionが展示されているヤマダ電機池袋本店

いつでも、音楽を聴いていたい。けれど、ヘッドホンで、周りを完全に遮断したくない。そんな方におすすめのBose SoundWear Companion(サウンドウェアーコンパニオン)

12時間の連続再生と十分な使用時間や音声通話にも対応しており、急な連絡でも対応できる。電車や公共の場では音が多少なりとも漏れるので、使うのは難しいが、自宅やオフィスで音楽を聴きながら作業なんかには最適だ。

▶︎Bose SoundWear Companionレビュー。音を着る肩乗せBluetoothスピーカーをヤマダ電気でサクッと試聴・試着

Bose SoundWear Companionレビュー。音を着る肩掛けBluetoothスピーカーをヤマダ電気でサクッと試聴・試着

created by Rinker
BOSE(ボーズ)
¥29,700 (2019/06/20 20:06:41時点 Amazon調べ-詳細)

Beoplay H9i:北欧デザインのノイズキャンセリングで自分の世界を楽しむ

バングアンドオルフセンのノイズキャンセリング付きワイヤレスヘッドホンbeoplay h9iナチュラルの

デンマークの老舗オーディオメーカー「Bang & Olufsen(バング&オルフセン)」。一つ一つデザイナーにデザインされたオーディオ機器は世界中で高い評価を得ており、高級オーディオブランドとして認知されている。

Beoplay H9の後継モデルでBluetooth接続とアクティブノイズキャンセル機能を搭載し、最大18時間のワイヤレス再生を実現。

バングアンドオルフセンのノイズキャンセリング付きワイヤレスヘッドホンbeoplay h9iナチュラルの外観

まさにデザイン性と機能性を兼ね備えるヘッドフォン。ノイズキャンセリング機能は素晴らしく、すぐそばを車が通ってもほぼ聞こえない。タッチセンサーはまだまだだが、これからの改善に期待。

▶︎「Beoplay H9i」レビュー。B&Oの高いデザインと機能性を合わせ持つノイズキャンセリング付きワイヤレスヘッドフォン【PR】

「Beoplay H9i」レビュー。B&Oの高いデザインと機能性を合わせ持つノイズキャンセリング付きワイヤレスヘッドフォン【PR】

おすすめ完全ワイヤレスイヤホン(低価格帯・1万円弱以下)

Anker Liberty+:アンカーの48時間バッテリー高コスパ完全ワイヤレス

アンカーliberty+の連続使用時間について

モバイルバッテリーなどで有名なアンカーの完全ワイヤレス「Liberty+」も非常に性能が良く、手頃な値段で購入できる完全ワイヤレスイヤホンの一つ。

数あるアンカーの完全ワイヤレスイヤホンの未だに最上位モデルで、特に48時間もの音楽再生時間が特徴。

Buletoothイヤホンlibertyのペアリングとセットアップ AIで音声コントロールが可能なアンカーのワイヤレスイヤホン

1万円ほどの価格ながらケースから取り出すとスマホと自動接続や音声アシスタントに対応など価格以上の機能が満載。デザインもシンプルで普段使いにぴったりな完全ワイヤレス。

▶︎【ガッツリ解説】AnkerサブブランドZoloの完全ワイヤレスBluetoothイヤホン「Liberty+」がスゴい!

【ガッツリ解説】AnkerサブブランドZoloの完全ワイヤレスBluetoothイヤホン「Liberty+」がスゴい!

購入・開封レビュー記事もあるのでこちらも参考までに。またさらにアンカーには低価格帯(6,000円前後)でコスパの良いの完全ワイヤレスイヤホンもあるのでそちらもチェックしてみては。

▶︎【開封レビュー】Anker Zoloの完全ワイヤレスイヤホン「Liberty+ Kickstarter 限定カラー champagne gold」が届いたので開封レビュー!

【開封レビュー】Anker Zoloの完全ワイヤレスイヤホン「Liberty+ Kickstarter 限定カラー champagne gold」が届いたので開封レビュー!

TaoTronics TT-BH053:5000円以下でAirPodsライクなデザイン

安かろう悪かろうの時代ではなくなって来ている。とにかく安い価格帯(5000円以下)で買える完全ワイヤレスイヤホンも非常に多い。

しかし接続に不安があったりデザインもイマイチだったり場合が多いが、TaoTronicsのTT-BH053は少し違うようだ。

ツイッターでもなかなか反応が良く、現在(2019/6/8)は在庫切れのようだがTaoTronicsの製品はコスパが高いのでおすすめ。

▶︎TaoTronics「TT-BH053」レビュー。5000円以下の高コスパ完全ワイヤレスイヤホン

TaoTronics「TT-BH053」レビュー。5000円以下の高コスパ完全ワイヤレスイヤホン

LiteXim QW-07:ノイズキャンセリングも有線接続も楽しみたいあなたに

liteximのqw-07のレビュー

こちらも5,000円以下でノイズキャンセリングがついたワイヤレスヘッドホン「LiteXimのQW-07」。正直5,000円以下とは思えない着け心地。

シックな黒色で割とどんな服装でも合いそうなデザイン。ノイズキャンセリングもこの値段であれば十分な音をカットしてくれる。価格もお手頃なのでノイキャン初心者におすすめなヘッドホン。

▶︎ノイズキャンセリング付き!LiteXim QW-07開封レビュー。有線にも対応のコスパ高いワイヤレスヘッドホン【PR】

LiteXim QW-07開封レビュー。ノイズキャンセリングで有線にも対応のコスパ高いワイヤレスヘッドホン【PR】

Bluetoothワイヤレスイヤホン

AUKEY EP-E1:磁石でカチッと留めてアクセサリー的にも使える

AUKEY BluetoothイヤホンEP-E1の全体像

基本的には完全ワイヤレス派だが、こういった磁石で留められるタイプもアクセサリー的でいい。有線派の方はまずはこのタイプから試してみるのもありだ。

▶︎コスパ最強 Bluetoothイヤホン|AUKEY EP-E1が凄すぎるレビュー

コスパ最強 Bluetoothイヤホン|AUKEY EP-E1が凄すぎるレビュー

まとめ:価格だけではなく自分に必要かどうかで選ぼう

なんとなく知識がないと価格で選んでしまいそうだが、高いから品質が良い・安いから悪いという訳でもなくなってきている(もちろんその傾向はある)。

例えばノイズキャンセリングは必要な人にはとても重要に(安く感じる)けども、不要な人にとっては高い買い物と感じるだろう。参考になれば幸いだ。さらにいくつかのイヤホンの記事も控えているので徐々に追記とバリエーションも増やしていくつもり。

バングアンドオルフセンのノイズキャンセリング付きワイヤレスヘッドホンbeoplay h9iナチュラルの外観

▼今すぐこの記事をSNSでシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

Daiking

26歳のガジェットブロガー。「ガジェットで1つ上の生活」をコンセプトに毎月20,000人が見るブログ「Daikingのおブログ」をゼロから運営。現在の月間PV数は50,000ほど。YouTuber(Vlogger)での活動も広げる。