自宅で簡単本格コーヒー。僕のドリップコーヒー器具や道具のドリッパー・スケールなど淹れ方も紹介

ブログ執筆時にはよくカフェを利用する。しかし最近では自分でもコーヒーを淹れたいと思うように。

朝にコーヒー豆から挽きたての香りを楽しめ、出来立てのコーヒーが飲めたら最高ではないかと思うようになった。とりあえずやりたいと思えばやらないと気が済まない性格なので、とりあえずドリップコーヒーができる器具を揃えてみた。

結論から言えば淹れたてのコーヒーが自宅で楽しめるのは大正解だった。

ドリップコーヒー器具一式
これは何のガジェット?:ドリップコーヒーを作るための一式
価格(税込):一式で約13,000円

電気ケトル(ドリップポット)山善YKG-C800-E(B)
ドリッパーHARIO V60 セラミックホワイト
スケールHARIO V60ドリップスケールVST-2000B

created by Rinker
HARIO(ハリオ)
¥3,980 (2019/10/16 14:40:23時点 Amazon調べ-詳細)

必要なドリップコーヒー器具を集めてみた

とりあえずドリップコーヒー器具を集めた。今回は一番わかりやすいペーパードリップ。

必要なのはドリッパーとその紙フィルター、そしてお湯を注ぐドリップポット。さらに時間や重さを測れるスケール(量り)があればなお良いだろう。

もちろんコーヒー豆も。そして豆から挽くなら粉状にするためにコーヒーミルも必要だ。

コーヒー豆は喫茶店や専門店で買うのがおすすめ。スーパーでも良いが鮮度や詳しい人に聞けないのであまりおすすめしない。今回使用するのは銀座にある老舗カフェ・ド・ランブルさんで購入した。

ドリッパーはHARIO(ハリオ)のV60セラミックホワイト

今回はHARIO(ハリオ)のV60という陶器製のドリッパーを購入。ちなみにハリオは1921年創業の日本の老舗耐熱ガラスメーカーでコーヒー器具に定評がある。

有田焼でメイドインジャパン(日本製)。陶器がおしゃれなので選んだ。

円すい型のドリッパーで特徴は、「スパイラルリブ」と呼ばれるこの螺旋状に広がる線だ。ペーパーとドリッパーの密着を防ぐことにより、空気の抜ける空間ができスムーズに抽出されるとのこと。

電動コーヒーミルで豆を挽きたてで

なんとなくプロペラ型の安価なコーヒーミル(グラインダー)を購入。しかし後で調べてみると均等に豆を挽けるかどうかで、コーヒーの味が大きく違って来るらしい。なので現在はWilfaのグラインダーを使用している。

インテリアにもなる北欧デザインの本格派コーヒーグランダー(ミル)。Wilfa Svart Aromaレビュー

インテリアにもなる北欧デザインの本格派コーヒーグランダー(ミル)。Wilfa Svart Aromaレビュー

ちなみに安価なミルでも挽き具合の調整や挽き終わると自動で止まってくれたりするので、初心者には十分かもしれない。

このようにコーヒー豆をスケールで量ってからミルで回す。大体一杯14gほどにしている。

挽き終わった後のコーヒーの香りでリラックス。ペーパードリップであればグラニュー糖ほどの中細挽きが良い。淹れ方によって最適な挽き方が違うので色々調べてみると良いだろう。

HARIO V60の専用ドリッパーでドリップ

V60専用のぺーパーフィルターがあるのでそちらも購入しておく必要あり。100枚で300円ほど。手軽で使いやすい。注意点としては左側のつなぎ目のところに折り目をつけること。

あとは挽きたての粉状コーヒーを入れて平らにする。これでペーパードリップの準備は完了だ。

温度調節可能な山善のケトルで快適にドリップ

特にコーヒーは温度で味が変わってしまうので、温度調節できるものが良い。僕は山善の細口ケトルで沸かしている。90℃〜95℃ほどがコーヒーには適温

1人暮らしに最適。山善の電気ケトルレビュー。おしゃれで機能的な温度調節できるケトル

細口になっているドリッパーポットを購入するのも良いが、そのまま沸かせるので電気ポット便利なのでおすすめ。細口でペーパーに付かないようにお湯を淹れていく。

淹れ方はオニバスコーヒーさんを参考にした⇩。色々と淹れ方があるので試してみたいところだ。

  1. 蒸らし 50g注いで40秒まで待つ
  2. 0:40 1回目注ぎ 40-50g
  3. 1:00 2回目注ぎ 40-50g
  4. 1:20 3回目注ぎ 40-50g
  5. 1:40 最後の注ぎ 225gまで注ぐ
  6. 2:30〜3:00 お湯がすべて落ちきる

実は間違い?!酸っぱくならない浅煎りスペシャルティコーヒーの淹れ方|ONIBUS COFFEE

時間と分量が同時に見えるのでハリオのスケールはやはり良い。

2-3分もすれば自宅で美味しいコーヒーの出来上がりだ。良い香りが鼻の中に広がる。

お店で飲むような香り高いコーヒーの出来上がり

慣れてくれば5分ほどで淹れれるように。自分で淹れたコーヒーは味も格別。毎日色んな豆を試している。

ウチカフェで外に出たくないときの作業が捗りそう。コーヒーを淹れるという行為自体で頭もリフレッシュできて良いというコーヒーを飲む以外の効果もあったり。なんか理科の実験をしているような感覚に近い。

また色んなコーヒーの淹れ方や豆を試したい。新しい習慣になりそうだ。

created by Rinker
HARIO(ハリオ)
¥3,980 (2019/10/16 14:40:23時点 Amazon調べ-詳細)

カフェラテも自宅で豆から挽いてます

エスプレッソマシンも購入して使用してみた。マニュアル式だが、儀式のようで楽しいのでおすすめ。

▶︎小型だけど本格的なマニュアル式エスプレッソマシン。デロンギのディディカレビュー

小型で本格的なマニュアル式エスプレッソマシン。おしゃれなデロンギのディディカレビュー

▼今すぐこの記事をSNSでシェアする