KRAVASはiPhoneで使える軽量・充電不要な360°カメラ。作例など使用・開封レビュー

みなさんはカメラで写真を撮ったりしますか?本格的な一眼レフからスマートフォンまで色々とありますよね。僕もそうですが、日常ではスマートフォンで撮影する方が多いのではないでしょうか。

そのスマートフォンで自分のいる状況を360°(周りの景色全部)写せたら?特に旅行での思い出を周りの空間ごと残せたら最高だと思いませんか。360°カメラはそんな新しい記録ができるカメラです。

ですが360°カメラは安くない。値段の高さが購入の高いハードルになっていました。

そんな時に見つけたのが今回ご紹介するiPhoneにかぶせるだけで使える「KRAVAS(クラバス)」。

iphoneにかぶせるだけ。360°の写真が簡単に撮れるカメラKravas
今回レビューするモノ
  • これは何のガジェット?:iPhoneに付けれる360°カメラ
  • 価格(税込):4,860円
  • 良いところ:お手頃な値段、軽量、充電不要
  • イマイチなところ:画質はそこそこ、スマホアプリ必須、Face ID使えない

360度カメラKRAVAS(クラバス)開封レビュー

外箱はポップながらもシンプルでカッコいい。ほとんど手のひらに乗るサイズ感も良いですね。

KRAVASをiPhoneに上から挿すだけで、360°の写真を撮ることが可能。特に接続アダプターなども無いので単純にはめ込む(かぶせる)だけなので簡単

また撮影した画像も専用アプリ上でそのままSNSにシェア(共有)もできます。

360°カメラKRAVASをiPhone Xに装着してみた

実際に360°カメラKRAVASを装着してみました。両側にカメラレンズが付いており、フロント(前面)・リア(背面)カメラの両方を使って360°をカバー。

前面カメラは少し出っ張りがあり、丸くてなんか可愛い。

背面側にはまるようにカメラの位置が来ているのがわかります。iPhone Xの上側のレンズのみを使うようですね。

右側には Powered by KRAVAS の文字が書かれています。プラスチック素材で丸みを帯びていて肌触りは良い。

iPhoneに挿した横から見るとこんな感じ。付けてる感はありますが、重さは68gと軽量なので手で持って撮影しても問題ありません。

上から見るとカメラの出っ張りと形状がよく分かりますね。KRAVASを挿すだけで撮れるのが簡単で凄すぎる。

弱点:装着したままだとFace IDは使えない

KRAVASを装着すると前面カメラが隠れてしまうので、付けたままFace IDは使えません。

なのでかぶせる前にパスコードで入力する必要があります。それかFace IDで解除してからかぶせる事になります。

もちろんこの状態で、専用アプリのPanoClipを開けば撮影することが出来ます。

PanoClip
PanoClip
開発元:Shenzhen Arashi Vision Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

作例:360°カメラで実際に撮影してみました

実際にKRAVASで撮影してみました。これは僕の自宅を写した様子です。こんな感じでサクッと写せます。

スクリーンショットで写真の一部分を切り取ることもできたり、動く写真としても保存してSNSで共有することも。

ブロガーとしてはカフェやイベントなど、その場の雰囲気や空間をそのままお伝えできるのでとても重宝しています。

まとめ:KRAVASはコスパ高すぎな360°カメラ

68gと軽量で充電も不要なので、気軽にポケットから出して360°撮影できるのがめちゃくちゃ良い。少し他の人とは違う写真を手軽に撮りたい・インスタ映えを狙いたい方には特におすすめ。

ブロガー・YouTuber・インスタグラマーなどにはお助けアイテムとして。色々なシーンで使ってみてはいかがでしょうか?

▼今すぐこの記事をSNSでシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

Daiking

26歳のガジェットブロガー。「ガジェットで1つ上の生活」をコンセプトに毎月20,000人が見るブログ「Daikingのおブログ」をゼロから運営。現在の月間PV数は50,000ほど。YouTuber(Vlogger)での活動も広げる。