ホットアイマスクより経済的。疲れ目を解消できる「アイマッサージャー」レビュー。

スマートフォンやノートパソコンは現代には欠かせない。使う時間が増える一方で、ブルーライトによる目への負担も増えている

その負担を少しでも減らせないかと、手軽に使えるアイマッサージャーを購入してレビューしてみたので紹介する。

アイ(目元)マッサージャーについて
これは何のガジェット?:温め機能付きのアイマッサージャー

価格(税込):5,980円

良いところ:充電式で繰り返し使える、温かい、リラックスできる
イマイチなところ:揉み・振動は弱い

コスパ高いアイマッサージャーレビュー

VRゴーグルのような未来的なデザイン。正面からみた左側に各種ボタンがある。

基本的にはマッサージするAir(エアー)モード、約40度で温めるHeat(ヒート)モード、振動するVibr(バイブ)モードの3つ。

目に当てる部分はさらっとしたクッションのような素材。目の周りを包み込んでくれます。

アイマッサージャーはコンパクトにできる

これが真ん中から折りたたむと

コンパクトに持ち運びも可能。サッとカバンに入れて、移動中の飛行機や車内で使うのもあり。

また空気で膨らんで、圧力をかけることでマッサージをする仕組み。通常はこの状態でこれが膨らむと、

このように大きくなり、気持ちよく目元周りをリラックスさせてくれる。

実際にアイマッサージャー使ってみる

首にかけるとなんかスキーやボードのゴーグルみたい。ブロガーという職業柄PCを見る時間が長いので、できるだけ疲れ目を癒したい

今回はマッサージしながら、目を温めるモードで試す。普通に気持ちいい、これすぐ寝るやつや。

温熱が目の周りを包み込むので、眠気を誘う。ホットアイマスクも使ったことあるけども、手軽で何度も充電して使えるので経済的。そしてゴミも出ない。

ただマッサージの押しの強さは物足りなく感じる。気持ちは良いがここぞと言う所のツボ押しなどはそこまで期待しない方が良さそう。リラックスはできた。

アイマッサージャー15分で目元も心もスッキリ

15分のコースで目元周りをスッキリさせることができた。15分後に自動的に止まるのであとはゆったりして待つだけ。

スマホやPCを触ることが多い毎日。15分間だがブルーライトから遮断することで、瞑想した後のように頭がスッキリするのが一番の効果かもしれない。強制的に遮断することで目も心もスッキリしてみてはいかがだろうか。

▼今すぐこの記事をSNSでシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

Daiking

26歳のガジェットブロガー。「ガジェットで1つ上の生活」をコンセプトに毎月20,000人が見るブログ「Daikingのおブログ」をゼロから運営。現在の月間PV数は50,000ほど。YouTuber(Vlogger)での活動も広げる。