ピクサー展2019六本木ヒルズに行ってみた。割引・アクセスなども解説

ピクサー展が日本にやってきた。トイストーリー4の公開が控え、普段は絶対に見ることのできない製作の裏側が色々と見えるということで行ってみた。

PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス
開催場所六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)
開催期間2019年4月13日(土)〜9月16日(月・祝)
時間10:00〜22:00(最終入館は21:30)
入場料当日券】一般1,800円、大学生・高校生1,200円、4歳〜中学生600円

アジア初開催となるピクサー展。トイ・ストーリーやファインディング・ニモなどのピクサー作品がどのように作られているかの製作の裏側を子供から大人まで体験できる展示会


ピクサーのひみつ展とは。世界中で150万人を動員

PIXARのひみつ展」はピクサー・アニメーション・スタジオの映画を生み出す「技法と科学」に迫る展覧会。人気のピクサー映画(ファインディング・ニモやカーズなど)が実際にどのように制作されるかの裏側を知れ、大人から子供まで楽しめる。

2015年にアメリカの「ボストンサイエンスミュージアム」で初開催され、これまで8カ所で合計150万人以上を動員アジアでは東京・六本木で初開催となり、新潟・大阪でも順次開催予定だ。

モデリングやリギング、アニメーションといった8つの工程からなる専門的な知識や技術を、『トイ・ストーリー』や『ファインディング・ニモ』など PIXAR アニメーションの人気キャラクターで体験が可能。

普段はみることのできない製作の裏側を見られる貴重な機会となる。

ピクサー展のチケット割引は主に2つ

チケットは一般価格では1800円だが、割引券を使えば1500円で入場可能だ。割引券は六本木ヒルズ内のパンフレッド置き場や飲食店で手に入るので探してみてほしい。

またローソンやセブンイレブンでも前売り券が売られているので、事前に購入しておけば1500円で入場できる。

ピクサーのひみつ展六本木ヒルズへ実際に行ってみた

3階でチケットを購入しての52階へと向かう。エレベーターに案内してくれるので心配する必要ない。到着すれば入り口に進んで入場だ。

休日でも午後でも入場にそこまで混雑はしていなかった

気になる混雑状況だが休日の13時過ぎでもほぼ並ばずに入場できた。ただ時間によっては待つこともあるようだ。比較的空いているのは平日の夜が穴場とのこと。

入るとまずはバズと記念撮影できる

まず入るとトイストーリーでおなじみのバズがお出迎え。一緒に記念撮影ができるのでぜひ一緒に撮影してもらおう。

近くで見るとなかなかでかい。スマホを渡せば撮影もしてくれるので安心。

ピクサー作品の制作の裏側を見られる

入って見るとピクサー映画が出来上がるまでの8つの工程やそれぞれの役割や内容が説明されたパネルがある。正直これを見るだけでも非常に勉強になり興味深い。

あとはキャラクターを模した絵やロボットの組み立て体験もあった。多くの子供達が楽しそうに遊んでいる。

ピクサー展は52階なので景色も開放感も最高

また六本木ヒルズの52階からの景色も非常に綺麗だ。天井も高くガラス張りなので開放感があり、景色を見ているだけでも癒される。

モデリング:ピクサーキャラの形をつくる

ピクサーのキャラクター達はまずアーティストによってスケッチされる。そのスケッチを基にしてデジタルモデラーという役割の方が3Dのモデルが作られる。

その実際に作られた様々なピクサーキャラクターの3Dモデルが展示されている。よく見れば見るほど非常に精巧だ。

ピクサー展は体験型のブースが多いのが特徴

ピクサーのひみつ展の特徴としては実際に体験できるブースが多数あること。実際にキャラクターに命を吹き込む作業を自分で操作して体験できる。

リギング:キャラクターの動きをつくる

リギング:先ほどのモデリングで作られたキャラクターの動きを設計していく。仮想の筋肉や関節をつくって動きを自分で作るのだ。

実際にリギングを体験できる。キャラクターを選んで関節などを選んで動きを設計していく。こういった細かい作業の積み重ねがピクサーアニメを支えている。

色々と体験ブースがあるので楽しみ方は人それぞれ。

サーフェイス:物体や服・髪などの外見を決める

ストーリーを作る上で物の見え方は印象を大きく変える。

素材をどうするか、新品か古びている感じを出すのかなどを者への表面を変えることによって表す。『カーズ』のボンネットカラーを変えることで体験ができる。

セット&カメラ:ピクサーのカメラワークやプログラムを体験

映画に必要なのはキャラクターだけではなく、周りの世界観や映し方も重要。カメラアーティストがカメラアングルやレンズを決定し世界観を演出する。

ゲームの世界を作るように自然の草原も自分の好きなように作り出せる。

こちらが実際に体験している様子。草の長さや曲がり方やバリエーションと色々と組み合わせて作成していく。

地球型ゴミ処理ロボットの映画の『ウォーリー』もいる。映画の世界に入り込んだような感覚だ。

シミュレーション:コンピュータープログラムでのキャラの動きも体験

シミュレーションプログラマーによってキャラクターの髪の毛や服などを本物のように動かす設定をする。このシミュレーションがあるかどうかの映像が見比べれるのだが、印象が全く違ってくる。

『メリダとおそろしの森』のメリダの髪の動きが自然に見せるのも非常に苦労したそうで、技術がここにも隠れている。

ライティング:キャラへの光の当て方で雰囲気が変わる

照明も与える印象を左右する重要な要素の一つ。照明デザイナーによって仮想の照明をいろんな角度で当てることで、ストーリーの強弱を作り上げていく。

ここでは「ドリー」に当たる光によって与える印象の違いを体験。もちろんドリーと一緒に記念撮影も楽しめる。

ピクサー展の限定グッズも買えます

最後には「ピクサーのひみつ展スペシャルショップ」で、ここだけのオリジナル限定品グッズも購入可能。マグカップやフェイスタオルなどピクサーキャラクター達が描かれたアイテムがたくさんある。

また2000円(税込)以上買い物をした方で先着でオリジナル下敷きがもらえる。

僕はちなみにガチャガチャを何度か回して、トイストーリーグッズを手にいれた。

まとめ:ピクサー展は大人も子供も学びながら楽しめる

なんだかんだ全部見て体験すると長ければ2時間以上いれた。ピクサーで働いている人のインタビュー動画やいろんな仕事内容が見れてとても勉強になった。

体験ブースも割とシンプルに体験できるので小さい子供たちはもちろん、大人も楽しめる。ピクサー好きならぜひいくべきだ。

また同じチケットで森美術館も入れるのでおすすめ。僕が訪れた際には六本木クロッシング展やってました。

▶︎六本木クロッシング展2019。想定外の連続に驚かされる現代アート集まりだった

六本木クロッシング展2019。想定外の連続に驚かされる現代アート集まりだった

PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス
開催場所六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)
開催期間2019年4月13日(土)〜9月16日(月・祝)
時間10:00〜22:00(最終入館は21:30)
入場料当日券】一般1,800円、大学生・高校生1,200円、4歳〜中学生600円

アジア初開催となるピクサー展。トイ・ストーリーやファインディング・ニモなどのピクサー作品がどのように作られているかの製作の裏側を子供から大人まで体験できる展示会

色々と知りたくなったので映画はもちろん本も読んで見たいと思う。

▼今すぐこの記事をSNSでシェアする