「MAJEXTAND」開封・使用レビュー。世界最薄Macbook用PCスタンドを使ってみた感想など【PR】

ブロガーという仕事柄、一日中パソコンとにらめ合うという日も少なくない。長時間のタイピング作業は目の疲労はもちろん、肩や腰にどうしても負担がかかる。

その負担を少しでも減らす為に、PCスタンドを利用している。Satechiのアルミスタンドを愛用していたが、毎日持ち運ぶとなると少しごつい。

そんな中で「MAJEXTAND」を使わせていただく機会をもらったので、レビューしていきたいと思う。結論から言うとかなり良いスタンドに出会った

MAJEXTANDとは

これは何のガジェット?:人間工学に基づく世界最薄PCスタンド

価格(税込):6,350円

良いところ:薄くて軽量、Macbookに馴染むデザイン、高さ調節可能
イマイチなところ:取り付ける位置が難しい、価格が少し高め

Daiking
以前から気になっていた極薄PCスタンドコペックジャパンさんから提供していただきました。僕はMacbook Proの13インチに引っ付けてなかなか良すぎて毎日使ってます。

「MAJEXTAND」:世界最薄のPCスタンド開封レビュー

MAJEXTAND」はMacbook・Macbook Pro用の世界最薄PCスタンド。

Macbook PCの底面に取り着けることにより、PCスタンドを一体化。持ち運ぶと言う感覚が無くなる、ミニマリストには必須のアイテムと言える。

パッケージもCDケースよりも薄くシンプルだ。

MAJEXTANDの付属品など

付属品も薄いパッケージの中にスマートに収められていた。

こちらは滑り止めのゴム足が4つ。貼り付けるタイプ。

そしてMacbookに貼る前に綺麗に拭く用のアルコールパッドクリーナー。細かいおもてなしを感じる。

MAJEXTANDは厚さ1.7ミリと極薄なスタンド

MAJEXTANDの本体はとにかく1.7mmと極薄ながら、ステンレスの丈夫さも両立。Macbookとの質感が一緒なので違和感なく使えそう。

反対側にはMacに貼り付ける用の両面テープが貼られている。これで一体化させる。

ロゴもシンプルに描かれており、もはやスタンドには見えない程薄い。荷物を増やしたくないが機能性を求めるミニマリストには最高ではないか。

MAJEXTANDは指で引き出してスタンドに変身

ではこの薄いステンレスの板がどうやってPCスタンドになるのかと言うと、真ん中にある穴に指を入れそこから引き出して固定。非常に簡単かつシンプル。

このトランスフォーム(変形)がなんとも面白い。最初は調節するのにコツがいるのだが、慣れてしまえば数秒でスタンドにできる。

MAJEXTANDの貼る位置は注意が必要

少し手こずったのがMAJEXTANDを貼る位置決めだ。説明書通りであればロゴがPCのヒンジ側にくるのがいいようだが、上手く安定せず逆向きにしたら上手くいった。

最初が少し大変だが安定してしまえば、特に問題はないがMacbook Proの13インチだと一番上の高さにすると少し不安定で倒れそうで怖い。実際にそこまで高くしないので問題はないが、最初は手こずるかもしれない。

ヒンジを収納してみると金属製の一体感もあり、PCスタンドを持ち歩くという感覚は全く無い。毎日持ち運ぶ身としてはこれ以上に嬉しいことはない。

MAJEXTANDを立てて使用してみるとこんな感じ

高さも6段階(7cm ~ 12cm)調節できるので自分にあった高さを調節してみればいいだろう。

一見すると不安定にも見えなくはないが、意外と位置が決まると非常に安定してタイピングができる

人間工学に基づいて目線が上がりタイピングのしやすさが半端ない。自然と姿勢が正されて肩こりや腰の痛みも不思議とかなり負担が減った。

自宅だけでなくカフェやコワーキングスペースなど、どこでも数秒で自分のワークスペースにできるので、デスクワークで疲れやすいと感じている方にはぜひおすすめしたい。

MAJEXTAND使用レビューまとめ

Satechiのアルミスタンドも非常に好きなのですが、この薄さと角度の高さ・ポータブルな機能性が最高で無くてはならないものになってしまった。

最近はPCスタンドの高い角度に慣れてしまい、普通に置いての作業に違和感を覚えてしますほど快適さに慣れている。それくらいタイピングなどの作業効率にインパクトがあるのでぜひ使ってもらいたい。

今回僕が使用したのはMacbook Pro 13インチのスペースグレイに合わせた「スペースグレイ」。自分のMacbookまたはMacbook Proに合わせてカラーバリエーションあるので合わせてみては。

▼今すぐこの記事をSNSでシェアする