新型iPad AirとiPad mini 新登場!Apple Pencil 対応など知っておくべきことまとめ

突如メンテナンスに入ったAppleのサイト。廃盤も噂されていたiPad miniですが、ついに新型が登場。そして2017年に登場したiPad Airも新しくなって登場!サクッとまとめてみた。

iPad AirはApple Pencilに対応。10.5インチに刷新


2017年以来にAirが登場。当時は9.7インチでしたが、今回はベゼルが薄くなり10.5インチに。

大きな変更点としてはApple Pencil(第一世代)に対応したところ。iPad Pro 11インチで使われている第二世代には対応していない。

またSmart Keyboardにも対応し、キーボードも使えるように。こちらも最新のSmart  KeyboardFolioには非対応。

iPad Mini もApple Pencil対応。7.9インチ

Appleのラインナップから消えるとの噂もありましたが、新型が出現したiPad Mini。

この絶妙な大きさが人気を読んでいるMiniでメモができるようになったのは嬉しい。デジタルノートとして利便性が向上しそうだ。

iPad Air・Mini 共に最新のA12 Bionicチップ搭載

スペックはニューラルエンジン(Neural Engine)を搭載したA12 Bionicチップ。iPhone XS、XRに搭載されているチップと同じものに。

新型iPad MiniはiPad Mini4(前モデル)の最大3倍高速とのこと。4つのコアを持つグラフィックエンジンがAR(拡張現実)や3Dゲームも可能にした。

無印iPadとiPad Proの中間に位置するAir。小型のMini

これでラインナップとしては上からiPad Pro、iPad Air、iPad、iPad Miniの4ラインナップに。ちなみに10.5と12.9インチの旧iPad Proは姿を消した模様。

価格はiPad Airが54,800円〜(64GBのWifiモデル)とiPad Miniが45,800円〜(64GBのWifiモデル)。iPadが37,800円〜(32GBのWifiモデル)なのでこいつの上位モデルとしての位置づけか。なんかややこしいですが。

個人的には旧デザインの中身のみ刷新で残念。Apple Pencil対応は良い

iPad Proと比べるとベゼルも太いし、FaceIDも非搭載だしApple Pencilも第一世代なのでイマイチな印象。

Airには魅力を感じないが、小さめのMiniでメモが取れるのは惹かれる。指紋認証で十分なら魅力的な選択肢であることは間違いない。

iPad Proもレビューしています

どうせ買うならiPad Proかなと。こちらの記事も参考にしてみてはどうだろうか。


iPad Pro 2018実機レビュー。スペック最強で極薄な史上最高のタブレットかもしれない。Apple Pencilとキーボードも

iPad Pro 2018実機レビュー。スペック最強で極薄な史上最高のタブレットかもしれない。Apple Pencilとキーボードも

▼今すぐこの記事をSNSでシェアする