充電不要!?Xiaomi Mi Band 3 実機レビュー。防水、通知、バッテリーと高コスパなスマートバンド

Xiaomi_mi_band3の発表

Geekbuyingより、Xiaomiの新しいスマートバンド「Mi Band 3」を購入。多くの人々がApple Watchを身に着けており、被りたくない&高いので購入しました。2015年に発売された頃は誰も着けていなかったんですよ。

スマートバンドとして重要な軽さや装着感はかなり良いです。そしてディスプレイもタッチ操作可能で、何と言ってもカッコいい!なかなか気に入っています。

Daiking
アプリで消費カロリーや歩数などの詳細を確認できるので、運動のモチベーションにもなってます。

スマートバンド Xiaomi Mi Band 3とは

Xiaomi_mi_band3の発表

7月9日に香港市場に株式上場も果たした、Xiaomi(シャオミ)は中国のアップルと言われるスマートフォンメーカー。最近ではテレビ、ロボット掃除機、靴やカバンまで扱う総合家電メーカーへと進化を遂げています。

その中でも人気なのが今回紹介するスマートバンドまたはアクティビティトラッカーと言われるもの。

歩数や消費カロリーや睡眠時間などを記録し、スマートフォンと連携して通知やアプリで記録を確認できます。

Mi Bandシリーズはシャオミがウェアラブルとバンド市場(スマートウォッチにフィットネストラッカーを含めた市場)で、Fitbitやアップルを抑えて17%のシェアを獲得。世界最大のウェアラブルメーカーになっています。

0.78インチ OLEDタッチディスプレイを付けたxiaomi_mi_band3を手に装着して設定

0.78インチの有機(OLED)ディスプレイはタッチ操作も可能。20gと手に着けているを忘れるほど軽量ながら、20日間充電不要なのがメリット。

Mi Band 3を海外通販で中国の深センから取り寄せ

dhlで届いたxiaomi_mi_band3の袋

Mi Band 3は日本で発売されていないため、今回はGeekBuyingという海外サイトからDHL(国際輸送サービス)を利用して購入しました。

dhlで届いたxiaomi_mi_band3の袋

荷物には「ShenZhen」の文字が。ハイテク企業が集まる、中国のシリコンバレーと呼ばれる深圳市(シンセン市)から届きました。

dhlで届いたxiaomi_mi_band3の袋の中国語の書類

また一緒に中国語の書類も荷物と一緒に。電子機器を輸出するのに許可が必要なんでしょうか。とりあえず許可が出てよかった笑。

dhlで届いたxiaomi_mi_band3の袋

梱包もしっかりされており海外通販も当たり外れはありますが、最近は問題ないですね。

それではMi Band 3の外観など開封していきます!

xiaomi_mi_band3の化粧箱の正面

化粧箱は片手でつかめるほど小型です。本体重量も8.5gとかなり軽量。

xiaomi_mi_band3の化粧箱の正面

四角いパッケージに美術品のように Mi Band 3本体がディスプレイされています。

xiaomi_mi_band3の変えバンドネイビー

また一緒に替えバンドも購入。Apple Watchのようにバンドも好きなものに交換できます。バンドについては後ほど。

シンプルでスタイリッシュな化粧箱

xiaomi_mi_band3の化粧箱のxiaomiロゴ

白いパッケージにシャオミのロゴがシンプルに。ここらへんが中国のアップルと言われる理由なのでしょうか。

xiaomi_mi_band3の化粧箱の説明

もちろん説明は全て中国語です。電池容量は110mAhで、もちろん Android(アンドロイド)とiOS(iPhone)の両方に対応。

xiaomi_mi_band3の化粧箱と変えバンドネイビーを開封

パカっと開ける瞬間はやはり、たまりません。

Mi Bandの付属品もシンプル

xiaomi_mi_band3の化粧箱と変えバンドネイビーを開封

本体が収納されている下に付属品とバンドがあります。今回はブラックのバンドを購入。

xiaomi_mi_band3の化粧箱の中身と付属品

付属品はバンドと専用の充電アダプターと説明書のみ。

xiaomi_mi_band3の化粧箱の説明書

説明書もとてもシンプルで、シャオミのデザインに対するこだわりがここでも感じられます。

xiaomi_mi_band3の化粧箱の説明書

もちろん中国語での説明書ですが、イラストも描かれて説明されているのでとても分かりやすい。

替えバンドのネイビーも同時に購入

xiaomi_mi_band3の変えバンドネイビー

せっかくなので替えバンドのネイビーも一緒に購入してみました。毎日付けるものなのでオシャレに着けこなしたいですよね。

xiaomi_mi_band3の変えバンドの側面

ゴムのようなシリコン素材で長時間腕に着けていても、気にならないです。シックなブラックとは違ってネイビーも良いですね。

xiaomi_mi_band3の変えバンドの本体収納部分

バンドの替え方は簡単で本体をここにはめ込むだけ。かなりフィット感があるのでランニングや水泳などの激しい運動でも安心できます。

xiaomi_mi_band3の変えバンドの接続部

腕への着け方も簡単。通す穴があるのでそこに通して、カチッと装着するだけ。

xiaomi_mi_band3の変えバンドの接続部

着けた後も黒い点がアクセントになって、着けた後も楽しめますね。

0.78インチ OLEDタッチディスプレイ搭載の本体

この小さな8.5gの本体にテクノロジーが詰まっています。 ここにもロゴが刻まれていますね。

xiaomi_mi_band3の本体

本当に小型で軽量ですが、これで充電せずに20日間使えるというのはかなりアドバンテージになります。

xiaomi_mi_band3の本体

滑らかな外観は未来を感じさせる先進的なデザイン。僕が購入した大きな理由な一つがこのデザインです。

xiaomi_mi_band3の本体

そしてラウンド(曲面)したディスプレイがとても美しい。ここはMi Band 2と外観部分で大きく変わった点ではないでしょうか。

xiaomi_mi_band3の本体の側面

側面にはバンドに装着するための溝があります。

軽量な本体をバンドに装着

0.78インチ OLEDタッチディスプレイを付けたxiaomi_mi_band3本体

このラウンドフィルムは美しいの一言。バンドもやはり純正で付いてきたものが柔らかく、手へのフィット感が素晴らしいです。

0.78インチ OLEDタッチディスプレイを付けたxiaomi_mi_band3本体側面

側面からみるとバンドと本体のつなぎ目がなく、一体感があります。

0.78インチ OLEDタッチディスプレイを付けたxiaomi_mi_band3を手に装着

画面点灯してない時がこのような感じ。加速度センサーが内蔵されているので、腕を自分の目の方へクルッと向けると、

点灯します。本当にわずかに、点灯までにタイムラグありますが気になる程度ではないです。

Mi Fitアプリで連携し設定

0.78インチ OLEDタッチディスプレイを付けたxiaomi_mi_band3

このような画面が最初に現れるので、スマートフォンにアプリをインストールしBluetooth繋げて連携します。

xiaomi_mi_band3のアプリmi_fit

専用のMi Fitアプリをダウンロードし、体重や性別などを入力します。

xiaomi_mi_band3のmi_fitアプリ設定画面

アプリは日本語に対応しており、歩数や消費カロリー、心拍数などが自動的に記録され確認できます。

スマートバンド Mi Band 3 で何ができるのか

0.78インチ OLEDタッチディスプレイを付けたxiaomi_mi_band3を手に装着して設定

タッチ操作に対応しており、画面下の丸い部分がいわゆるホームボタンになっています。

時刻・日にちの表示歩数計心拍計3日間の天気表示スマホを探すなど小さなボディに機能とテクノロジーが詰まってます。

0.78インチ OLEDタッチディスプレイを付けたxiaomi_mi_band3を手に装着して心拍数測定 0.78インチ OLEDタッチディスプレイを付けたxiaomi_mi_band3を手スワイプ操作の方法

上下左右にスワイプすることで、色々な機能を使用したり通知を見ることができます。

0.78インチ OLEDタッチディスプレイを付けたxiaomi_mi_band3を手に装着してスマートフォン探す

ボタンを長押しすることで心拍数を測れたりできます。個人的に便利と思ったのは遠隔でスマートフォンを探せる機能。スマートフォンから音が出るので、自宅で「あれスマホどこに置いたっけ?」なんてときにかなり便利でした。

専用の充電アダプターで充電。バッテリー持ちは良い

xiaomi_mi_band3の充電器での充電方法

充電器が少し特殊なので失くすと少し困りそうです。一応替えで充電器も売られていました。

xiaomi_mi_band3の充電器の接続部 xiaomi_mi_band3の充電器の接続部

充電方法は簡単で本体を端子に差し込むだけ。

0.78インチ OLEDタッチディスプレイを付けたxiaomi_mi_band3の充電方法

このような感じで一体化します。ここにもチラリとシャオミロゴが描かれておりカッコいい。

0.78インチ OLEDタッチディスプレイを付けたxiaomi_mi_band3の充電する様子

ただ少し長さが短いので、実際に充電するとこんな感じにぶらさがってしまいます。また本体をバンドから取り出さなくては充電できないので、そこはマイナスポイントでしょうか。

ですがApple Watchのように毎日充電するということはないので、実際に使用してみるとそこまで気になりませんでした。

替えバンドのネイビーも装着

0.78インチ OLEDタッチディスプレイを付けたxiaomi_mi_band3を装着

また黒色とは違った印象で、これはこれで良いです。

0.78インチ OLEDタッチディスプレイを付けたxiaomi_mi_band3を装着

Apple Watchに替わる新たなる相棒になりそうです。機能は少し限られますがこれくらいが良いのかもしれません。

0.78インチ OLEDタッチディスプレイを付けたxiaomi_mi_band3を装着

気になる日本語対応ですが、本体は対応していません。ですが中国語も同じ漢字ということで表示の意味が分からないことは、今の所ありません。上の写真のように心率とハートマークで、心拍数ということは容易に想像できますよね。

Daiking
想像以上にいい。運動のモチベーションになるし、使い込んでみます。充電しないのは本当にラク。

追記:こちらの商品は日本語対応したようです。少し高くでもいいから早く欲しい方は、アマゾンで購入することもできます。

替えのバンドもありますので、ファッションとしても楽しみたい方はこちらも。

少し時間が掛かっても最安またはできるだけ安く手に入れたい方は、Gearbestがセール中です。クーポンも適宜配信されるので要チェックです。

送料無料!海外ガジェット通販サイト『GEARBEST』で最新中華ガジェットの買い方を解説!届く日数やクーポンも紹介

僕がみた時点だと3386円でした。少し時間はかかりますが送料も無料なので海外通販をうまく使えばかなり安く購入可能です。というかメルカリとかで転売できるレベルで安いです。

gearbestでのxiaomi_mi_band3のセールクーポン情報

>>Gearbestで【最安の Mi Band 3】を見てみる

▼その他 Xiaomi(シャオミ)のおすすめレビュー記事!

Xiaomi_mi_band3の発表

▼今すぐこの記事をSNSでシェアする