【完全ワイヤレスイヤホン比較!】Bose 「SoundSport Free」とSONY「WF-1000X」の実機をヨドバシカメラで試着してみた!

bose初の完全ワイヤレスイヤホンBose SoundSport Free wireless headphonesをヨドバシカメラで試着
Daiking
秋葉原のヨドバシカメラに行く機会があったので、イヤホンコーナーで商品を見ていると・・・

色々とヨドバシカメラさんでガジェットやカメラなどを物色していました。最近ワイヤレスイヤホンが激アツなので、イヤホンコーナーを見てみるとBose初の完全ワイヤレスイヤホンBose SoundSport Free wireless headphones」をたまたま発見!

秋葉原のヨドバシカメラでBose SoundSport Free wireless headphones発見

しかも実際に試聴できるということで試してみました!これは激アツ。

早速お試しコーナーでワイヤレスイヤホンを試聴

ヨドバシカメラ秋葉原で完全ワイヤレスイヤホンを試聴

今回試聴させて頂いたのは、BoseのSoundSport FreeSONYのWF-1000Xの2種類。どちらのワイヤレスイヤホンも同メーカーから初の独立型イヤホンということで注目されています。

まずはSONYのWF-1000Xから見ていきます

ヨドバシカメラで完全ワイヤレスイヤホンsony-wf1000xを試聴

試聴したいとヨドバシの店員さんに声を掛けると試させてくれます。

Bluetoothを接続できる機器(スマホや音楽プレーヤなど)があるか尋ねられるので、まずスマホでイヤホンとペアリング(Bluetooth接続)します。

僕が普段使用している音楽ストリーミングアプリのSpotifyで試しました。

完全ワイヤレスイヤホンsony-wf1000xのデザイン

SONYのロゴが中央にあり、マイクも付いているのでもちろん通話可能です。

完全ワイヤレスイヤホンsony-wf1000xのケース

ケースに収めるとこんな感じ。ちなみに本体の使用時間は3時間と一般的なバッテリー持ち時間。ケースは2回分の充電時間なので、合計で9時間の使用できます。

完全ワイヤレスイヤホンsony-wf1000xのケース

ケースのフタを閉めると左にロゴだけのシンプルデザイン。僕はどうしても弁当箱に見えてしまいます。

完全ワイヤレスイヤホンsony-wf1000xを試着

実際に装着した状態がこちら。イヤホンが横に向いてるデザイン。

気になる音質ですが、3万円近くするのでもちろん良いです。ただ凄い良い!って感じではないかなぁ。また一番の特徴はノイズキャンセリング機能。左耳のボタンを押すとノイズキャンセリングがONになります。

通勤時やカフェなどで、周りの音を気にせず一人で集中したい時に使えそうです。まあでも密閉型イヤホンであれば必要ない気しますけどね。

Appleに対抗?SONYが初のスマートスピーカー「LF-S50G」と完全独立型ワイヤレスイヤホン「Sony WF-1000X」を発表

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。個人的には悪くないけど、パッとしない印象です。SONY好きの人にはオススメですが。

次はBose SoundSport Freeを見ていきます

bose初の完全ワイヤレスイヤホンBose SoundSport Free wireless headphones

注目が集まるBoseの完全ワイヤレスイヤホンです。ケースはすこし丸ばった米俵のようなデザイン。そしてお馴染みのBoseロゴがあります。

bose初の完全ワイヤレスイヤホンBose SoundSport Free wireless headphones

Boseロゴが映えます。SONYやAppleのAirpodsと比べると大きめな本体サイズです。ただ軽いので装着時は特に気になりませんでした。

bose初の完全ワイヤレスイヤホンBose SoundSport Free wireless headphones本体

スポーツに特化したモデルなので、落ちづらいように耳に掛けれるタイプのイヤーピースです。装着した感想は耳にフィットして、柔らかいため痛くなりませんでした。

bose初の完全ワイヤレスイヤホンBose SoundSport Free wireless headphones本体裏側

イヤホン本体の裏側には充電コネクタがありますね。あまり見たことがない特殊な形をしています。

bose初の完全ワイヤレスイヤホンBose SoundSport Free wireless headphonesのケース

ケースに本体を入れるとこんな感じです。個人的にデザインはBoseのほうが好み。

bose初の完全ワイヤレスイヤホンBose SoundSport Free wireless headphonesをヨドバシカメラで試着

こちらも気になる音質ですが、さすがBose。音質は素晴らしい。SONY「WF-1000X」と比べると力強いさを感じました。高音、低音どちらにも対応できそう。

バッテリー時間はAirPodsと同じ5時間の使用が可能。ケースを含めるとこちらも2回分なので合わせて計15時間の再生ができます。欲しくなりました(笑)

気になる両モデルの価格と違いをヨドバシの人に聞いてみた

SONY「WF-1000X」とBose SoundSport Free wireless headphonesを比較

ノイズキャンセリング付きのSONY WF-1000Xが26,870円(税込)Bose SoundSport Freeは29,160(税込)となっています。WF-1000Xはすでに発売済みですが、Boseは2017年11月17日(トリプルブラック)と12月1日(ミッドナイトブルー/イエローシトロン)に発売です。色によって異なります。

Daiking
両者の大きな違いはバッテリー持続時間ノイズキャンセリングあるかどうか。バッテリー持続時間はBose、ノイズキャンセリングならSONYに軍配が上がります。
またランニングなどのスポーツに使用するならBose通勤時に音楽を聴きたいならSONYといった所でしょうか。個人的には音質の良さ充電時間が長いとデザイン的に好みなのでBoseをオススメします!

11月27日追記:Bose SoundSport Free ミッドナイトブルー/イエローシトロンを購入しました!

Bose SoundSport Free wireless headphones 完全ワイヤレスイヤホン ミッドナイトブルー/イエローシトロン Bose SoundSport Free wireless headphones 完全ワイヤレスイヤホン ミッドナイトブルー/イエローシトロンの中身

詳細についてはこちらの記事で開封レビューしていますのでどうぞご覧ください。

Bose SoundSport Free完全ワイヤレスイヤホンミッドナイトブルー/イエローシトロン開封レビュー

ちなみにBoseのSoundSport Freeでは、AirPodsのように音楽を聴いている途中に音声通話にも対応!音質も問題ありませんでした。また紛失した際も、アプリでイヤホンの場所を探すことも可能です。

また他にも完全ワイヤレスイヤホンのレビュー記事あるので比較して参考になればと思います。

またMONOSHOWというガジェット専門企業メディアにも出演しています!第一弾ということでアンカーのサブブランドゾロの「Liberty+」をレビューしていますのでこちらもぜひ!

iPhoneユーザーならAirPodsはまずオススメです。外したくない方はこちらで。

bose初の完全ワイヤレスイヤホンBose SoundSport Free wireless headphonesをヨドバシカメラで試着

▼今すぐこの記事をSNSでシェアする