Appleに対抗?SONYが初のスマートスピーカー「LF-S50G」と完全独立型ワイヤレスイヤホン「Sony WF-1000X」を発表

ソニー初のスマートスピーカー「LF-S50G」はGoogleアシスタント搭載
Daiking
ついにSONY(ソニー)もスマートスピーカーと完全独立型イヤホン出してきたぞ!

毎年9月にドイツ・ベルリンで開催されるIFA(国際コンシューマー・エレトロニクス展)にてスマートスピーカー「LF-S50G」完全独立型イヤホン「Sony WF-1000X」を発表しました。

その他にも新型Xperia「Xperia XZ1」やコンパクトカメラ「RX0」なども発表されています。

Xperia_XZ1の画像

SONY初の完全独立型ワイヤレスイヤホンSony WF-1000X

一度使うと有線イヤホンを使いたくなくなる!ほど快適な独立型イヤホン。ついにSONYからも発表されました。

WF-1000Xは専用の充電ケースが付属しています。ケースから取り出すと自動で電源がONされ、ペアリングされたのスマートフォンやPCなどと自動的に接続されます。

sonyの完全独立型ワイヤレスイヤホンWF-1000X」発表

WF-1000Xのバッテリー持ち時間は通常使用で約3時間。充電ケースは2回分の充電が可能なため、合計9時間の音楽再生ができます。

個人的には少ないなーと言う印象AppleのAirPodsは24時間以上の再生、Zolo(Anker)のLiberty+が48時間なので、ここはネックかなと。

sonyの完全独立型ワイヤレスイヤホンWF-1000X」とappleのAirpodsの比較

ただその分、AirPodsとかと比べると小型みたい。重さも6.8gでBluetooth 4.1に対応です。

ケースはなんだか弁当箱みたい笑。ケースの寸法は103.0 x 42.6 x 24.5mm。重さは70g。5サイズ(SS, S, M, L X2) のシリコン製イヤーチップなど耳周りの付属品は充実してます。

sonyの完全独立型ワイヤレスイヤホンWF-1000X」の充電ケース sonyの完全独立型ワイヤレスイヤホンWF-1000X」の付属品

カラーはブラックとゴールドの2色展開。ブラックが男性向け、ゴールドは女性向けのようです。

sonyの完全独立型ワイヤレスイヤホンWF-1000X」のゴールド sonyの完全独立型ワイヤレスイヤホンWF-1000X」のゴールド sonyの完全独立型ワイヤレスイヤホンWF-1000X」のブラック

WF-1000X実機の画像もあったのでこちらもどうぞ。デザインは悪くないけど、スゲーカッコイイ!とまではいかない印象。

sonyの完全独立型ワイヤレスイヤホンWF-1000X」発表 sonyの完全独立型ワイヤレスイヤホンWF-1000X」発表

目玉機能はやはり「ノイズキャンセリング」でしょう。音楽や屋外の状況に合わせてノイズを調整してくれます。これで屋外や騒音の高い場所でも音楽や勉強に集中できそうです。ここは屋外の音が丸聞こえのAirPodsなどとの違いでしょうか。

ノイズキャンセリングイヤホンとは、周囲の騒音を低減することにより、音楽を聴きやすくしたり耳に静かな環境を提供してくれるイヤホンです。 原理としては騒音を瞬時に分析した上で、騒音を打ち消す音波(逆位相の音波)をイヤホンから発生させることによって周囲の騒音を減らしています。

欧州では2017年9月より220ユーロ(約2万8800円)で発売されます。なので日本では2万円代半ばくらいになるのではないでしょうか。

Google Assistant搭載のスマートスピーカーLF-S50G

ソニー初のスマートスピーカー「LF-S50G」はGoogleアシスタント搭載

さて今年(2017年)大注目のスマートスピーカーですが、ついにSONYからも初登場しました。「OK Google」で呼びかけて音声操作できるGoogle Assistant(グーグルアシスタント)搭載です。360度サウンドなのでお家の真ん中に置きたい。

例えば、LF-S50Gスピーカーに話しかけることで明日の天気や予定、交通状況など教えてくれます。動画では「リンゴ1個のカロリーはいくつ?」なんて質問していますね。

また未来的な機能もたくさん

例えば曲を変更したい時や音量のコントロールもスピーカーに触る必要ありません。スピーカーの上で手を振るようなジェスチャー等をすることで変更可能。

実際にジェスチャーのデモ動画です。すごいな。スマートホームになれば、話しかけるだけでリビングの電気つけたり、お風呂沸かしてくれたり出来るようになるかもね。

ソニー初のスマートスピーカー「LF-S50G」はジェスチャーで曲や音量の操作が可能

LF-S50Gはジェスチャーで操作可能

周りの音や環境に合わせて自動で音量調節もしてくれます。自動で調節してくれるのはありがたい。

ソニー初のスマートスピーカー「LF-S50G」は自動で音量調節してくれる

自動で周りの環境に合わせて音量調節

もちろん生活防水にも対応(IPX3)なので、うっかりお水をこぼしたりしても安心ですね。台所にも安心して置けます。またスピカーのカバーも取り外し可能なので汚れても水洗いできます!これは以外といい。

カバーを取り外し水洗いも可能

Daiking
時計としても使えるので、インテリアとしても映えそう。というかもうインテリアとしてほしい笑。

LF-S50Gは米国・イギリス・ドイツ・フランスで10月以降発売予定とのこと。価格は約200ドル(約2万2000円)程度。国内発売については発表されていませんが待ちどうしいですね。

ソニー初のスマートスピーカー「LF-S50G」はGoogleアシスタント搭載

AppleのHomePodとそっくり?

ソニー初のスマートスピーカー「LF-S50G」はappleのhomepodそっくり?

2017年12月から、まずオーストラリア、英国、米国から販売を開始されるAppleのスマートスピーカー「Home Pod(ホームポッド)」とそっくりじゃない?

Home Podもかっこいいけど、時間の表示できるからSONYの勝ちかな笑。

あなたはどのスマートスピーカーを選ぶ?

HomePod-Home-Invoke-Echoなどのスマートスピーカー

今後スマートスピーカーが家庭の中心になっていくと見られているので、各社の競争が激化しています。まさにスマートスピーカー戦国時代!

あなたはどのスピーカーをパートナーとして選ぶ?今後もスマートスピーカーやワイヤレスイヤホンに注目です。

ソニー初のスマートスピーカー「LF-S50G」はGoogleアシスタント搭載

▼今すぐこの記事をSNSでシェアする