何が変わった?新型「MacBook Air」発表!Retinaディスプレイ搭載で薄型・軽量化など変更点まとめ

2011年にジョブズが生み出した当時は革命的だったMacbook Air。何度か中身がアップデートすることはありましたが、大きく変わることはありませんでした。

macbookair2011を背景に話すティムクック

ちなみに僕が初めて購入したPCがMacbook Airです。大学生の頃頑張ってアルバイトをしたお金を握りしめてコジマ電気に買いに行ったのが懐かしい。

黄色い茶封筒から出てくる旧macbookairの前で話すtimcook

ジョブズが茶封筒からパソコンを出すのを見て世界が興奮していました。それから7年の時を経て、どう変わったのでしょうか?

新型Macbook Air 2018の特徴・機能や変更点をこの記事でまとめてみましたのでどうぞ。

ようやくRetina displayに対応

retina_displayに新macbookair2018は対応

Appleのラインナップで唯一対応していなかったMacbook Airでしたが、ついに対応しました!

13.3インチのベゼルレスディスプレイ

13.3インチディスプレイを採用。Retina displayによってピクセル数は400万ピクセル以上、表示可能カラー数は48%向上。ベゼルも非常に薄型化されました。

サイズは17%小型化し、10%も薄型に

横から見て逆向きのくの字に浮いているmacbookariシルバー

まあとにかく軽くて、薄くなりました。本体が17%小型化、10%も薄型化。

2.75pounds

本体重量も1.25kgと現在のラインナップではMacbookの920gに次ぐ軽さのノートPCに。

スペースグレイのmacbookairが右斜めに傾き向かってきている様子 左側面から見て閉じられたmacbook_air2018

世界に再び、軽さの衝撃を。僕は本当に軽さを求めているので、これは最高。

Touch ID、Apple T2チップを搭載

指紋認証の中身が浮いている様子

指紋認証のTouch IDが新たに搭載されました。PCにFace IDが搭載されるのはもう少し先なのかな。ちなみにTouch Barは非搭載。要らないよねあれ。

secure_appleT2tip

セキュリティ認証のために作られたのが Apple T2チップ。SSD上に保存されたあなたのデータはすべて自動的に完全に暗号化。

音声コントロールにも対応で「Hey, Siri」も使えます。

第3世代バタフライキーボードと「Force Touch」対応トラックパッド

3rd-generation_keyboard

Macbookから採用されている薄型のバタフライキーボードの第3世代が採用。従来のキーよりもキーの安定性が4倍向上とのこと。

force_touch_trackpad_20%_large_area

トラックパッドも20%大型化し、Force Touch(押す強さの圧力に反応する技術)に対応。感圧タッチトラックパッドで新型のMacbook Proと同じように使えます。

「Thunderbolt 3」(USB-C)ポートを2つ搭載

Thunderbolt 3のUSB-Cポートを2つ搭載

接続の端子はUSB-Cポートになりました。これで外部のディスプレイへ出力などがしやすくなりますね。

all_day_battery_life

最大12時間持続するバッテリーは健在。欲を言えばもう少し欲しかったなあと。薄いから仕方ないか。
macbookairのスペック詳細の説明

CPUは第8世代 Core i5、RAMは8/16GB、SSDは最大1.5TB

macbookairは8gbメモリの1.6ghz/3.6ghzのcorei5で128gbのssd搭載

1.6GHzデュアルコアIntel Core i5搭載でRAM(メモリ)は8GB〜。オプションで16GBに変更可能。容量は128GB〜で最大1.5TBまで増やせます。すごい増やせるね。

価格は日本円で13万4,800円(税別)〜

価格は日本円で13万4,800円(税別)〜_1199ドル

価格は13万4,800円(税別)〜から。

本日から予約開始!11月7日に発売

available_november7

なんと発表当日から予約ができます!発売日は一週間後の11月7日〜。早く実機がみたいですね。

もうハンズオン動画出てる!こっちも薄いなあ。

新型iPad Proも同時に発売されたよ

iPad Proも同時にフルモデルチェンジで発表されたので、ぜひこちらの記事もチェックを!

>>>これは買いか。2018年新型iPad Pro発表!ベゼルレスで画面が大きくなりました

▼今すぐこの記事をSNSでシェアする