お風呂で読書!Amazonが新Kindle Oasisを発表!IPX8防水対応、7インチのアルミニウムボディ

新登場したAmazonの電子書籍kindle-oasis
Daiking
一つの端末で何百冊と持ち運べる電子書籍はなにかと便利です。

Amazonは電子書籍リーダーKindleシリーズの上位モデルKindle Oasisの新型を発表しました。

kindle-oasisは防水に対応で歴史に新たな一歩を踏み出した

紙の本はもちろん好きですが、最近は電子書籍で本を読むことが多くなりました。特に漫画との相性が抜群で、いつも寝転がって漫画のキングダムや進撃の巨人とかを読んでいます。できるだけ物は増やしたくないタイプなので、かさばらない電子書籍はお気に入りです。

新Kindle OasisはKindle初の防水に対応

kindle-oasisはipx8対応の防水仕様

Kindle端末で初めて防水(IPX8相当)に対応し、本当にどこでも本が手軽にどこでも読めるようになりました。例えばお風呂やプールサイドなどでもです。

ディスプレイサイズはシリーズ最大の7インチ、300ppiの高解像度ディスプレイを搭載。 書籍もマンガも、まるで印刷されたものを読むかのように楽しめるそうです。

水深2メートルまで最大60分耐えられるそうなので、うっかりお風呂場の浴槽に落としても大丈夫です。

新kindle_oasisは日差しの下でも反射しない

スマートフォンやタブレットと異なり、明るい太陽光の下でも反射はなく、紙に近い状態で読書ができます。

またOasisの「フロントライト」は、タブレットのバックライトのように目に向かって光を照射するのではなく、内部のライトがスクリーン表面を通すことでディスプレイ全体を照らすので長時間読書をしても疲れにくいです。

また周囲の明るさを感知し理想的な明るさへ調整してくれるので、太陽の下や夜の寝室など場面を選ばず快適な読書が可能。

容量は旧Oasisの2倍の8GB〜選べます

kindle_oasis

容量が旧Oasisより2倍の8GBにアップ。さらに32GBも選ぶことができます。 8GBであれば、数千冊の書籍、140冊以上のマンガが保存可能。さらに、32GBモデルなら、マンガでも650冊以上保存できます。

もう部屋に本棚を作らなくてもいいんです。これさえあればね。

人間工学に基づく設計で持ちやすく、紙のように軽く

新kindle_oasisの技術仕様

人間工学に基づいて設計されており、重心が手におさまるので、本を持つように端末が手の中でしっくり落ち着きます。重さは194グラム、厚さは最薄部3.4ミリで軽量デザイン。

また画面右にボタンも付いており、このボタンでもページをめくることができます。片手でページをめくれるのでこれが地味に便利。

今回からボディにアルミニウムを使用し光沢感を感じられそう。ケースと一緒に使ってハンズフリーで読書なんかもいいですね

kindle-oasisiをケースにいれて使用

僕が感じる電子書籍を使うメリット

僕が電子書籍と端末(Kindle)を使用して感じたメリットは大きく。①場所を取らない②その場が本屋になってすぐ読める③本に没頭できる、です。

「①場所を取らない」はそのままで、実際の本を買う場合を比べると単純に場所を取らないから。これは分かりやすいですね。本の整理とかできない人間なので、助かります。

次の「②その場が本屋になってすぐ読める」とは、本屋に行った時のように本を自宅でベットに寝そべりながらでも色んな本を探すことができます。しかも読みたいと思えば、ダウンロードして早ければ30秒後にすぐ読める!もちろん本屋に行くのも好きですが、それが寝そべりながらできるのはなかなか良いですよ。

最後は「③本に没頭できる」です。本や紙の質感は大好きなのですが、本を持ってめくるのが面倒(笑)。おいおいって思われるかもしれませんが、例えばページめくってる途中で手が滑ってページが分からくなってしまったことないですか?

そういったことは電子書籍ではありません。電子書籍リーダーであれば、スマホとかで読むよりも通知とか来ないので集中できます。あと読んだ本がデータとして残るので、後に思い出すのに良かったりも。

このようにメリットをあげるとキリがないのでこれくらいにしておきます(笑)。デメリットは実体がないのでモノとしての所有感がなかったり、簡単に本を購入できるのでお金を使いがちになることですかね。

Oasisに関して言えば、やはり電子書籍リーダーとしては高いなぁ(33,980円〜)という点とAmazonをあまり使用しない人にとってはメリットが少ないかなあと思います。プライム会員なら無料で本とか読めるので。オススメ。

僕は白黒画面が苦手なので、「Kindle fire 7」を使用しています。詳しくは以下の記事からどうぞ。

電子書籍と相性抜群!コスパ最強Kindle fire 7 タブレット (2017モデル)レビュー

Oasisは最上位モデルなので、Kindleシリーズ初めての方は安価なので先ずはFire 7やKindleまたはKindle Paper Whiteを買うのもアリかと思います。合う合わないがあると思いますので。

Kindle Paperwhite Wi-Fi 、ブラック、キャンペーン情報つき
Amazon (2015-06-30)
売り上げランキング: 484
新登場したAmazonの電子書籍kindle-oasis

▼今すぐこの記事をSNSでシェアする