iPhone Xのアップル純正シリコンケース「ホワイト」開封・使用レビュー。ガジェットブロガーの僕が純正シリコンケースを選んだ理由とは

iphoneXのapple純正シリコンケースのホワイトレビュー
Daiking
iPhone Xをおしゃれでカッコよく保護してくれるケースが欲しい!

iPhone Xを購入してから早2ヶ月が経ちました。初めはケースを装着せずに、裸で使用していましたがさすがにガラス割れが怖くてナノユニバースのケースを着せていました。

iphonexの雑誌joker付録のナノユニバースケース

雑誌の付録でついてきたモノだったし、安くてデザイン的にも満足していたのですが・・・

Daiking
せっかくシルバーモデル買ったのに黒色になっちゃうなあ
なんて思っていたところで、たまたまある画像をインスタグラムで見つけてしまったんです。

Apple純正シリコンケース「ホワイト」を購入した理由

View this post on Instagram

feeling red ! 🔴⚪️

A post shared by 𐒡alem bakhadlaqi  (@salem.jpg) on

もう画像を見てお分かりだと思いますが、インスタグラムでたまたまこの人の画像を見てしまったんです。

シルバーモデルの良さを生かしつつも、しっかりとiPhoneXを保護したいと考えていたので「これだ!」と買ってしまいました。

またよく落とすので、シリコンであればグリップ感も増すのではないかと。

View this post on Instagram

c  f f e e b r e a k !

A post shared by 𐒡alem bakhadlaqi  (@salem.jpg) on

ガジェットを見るのが好きなことに加え、撮影のアングルとか魅せ方も学びたくてインスタグラム見ています。この方はドバイ在住のカメラマンらしいです。羨ましい。

それでは純正ケース開封と箱も見ていきましょう

iphoneXのapple純正シリコンケース、ホワイトケースと箱

せっかくなので、iPhone Xの箱も並べてみました。Appleらしくシンプルで美しい箱です。

iphoneXのapple純正シリコンケース、ホワイトケースと箱 iphoneXのapple純正シリコンケースのホワイトと箱の裏面

裏面もシンプルに文字が並べられているだけ。剥がすだけで、簡単に開けることができます。

iphoneXのapple純正シリコンケースのホワイトと箱の説明

面白いなと思ったのが、「シリコンケース」を色んな文字で書かれているところ。言語によってこんなにも違うんですね。

iphoneXのapple純正シリコンケースのホワイトと箱

Apple Watchを開封した時にもあった、緑の矢印からペリッと剥がすと開けれます。

iphoneXのapple純正シリコンケースのホワイトを開封

剥がして開けてみると、「本体を上の方からケースを入れてね」のような絵が描かれています。

シリコンケースの質感と外観を細かくチェックしてきます

iphoneXのapple純正シリコンケースのホワイトの裏側

iPhone Xを包み込むケースの内側は、手触りの良い少しふわふわした素材で覆われています。

iphoneXのapple純正シリコンケースのホワイトの質感

そしてケース下部には純正らしく、お馴染みのiPhoneマークとDesined by Apple in Californiaの文字が刻印されています。

iphoneXのapple純正シリコンケースのホワイトの質感

見えない部分にも気を配るジョブズの精神が、まだAppleにも生きてることを感じさせます。ここら辺はさすが純正ケースといったところでしょうか。

iphoneXのapple純正シリコンケースのホワイトの右側

ケースの向かって右側から外観デザインを見ていきましょう。こちらは音量ボタンを覆いと、サイレントボタン(マナーモードにする)部分の穴が空いています。

iphoneXのapple純正シリコンケースのホワイトの下

ケースの下部は全てが空いたデザインになっています。唯一の純正ケースの弱点がこの下部分。その代わり音楽は聞こえやすいです。

iphoneXのapple純正シリコンケースのホワイトの左側

ケースの左側は電源(スリープ)ボタンのみでシンプルです。そして細かいですが、シリコンのつなぎ目の線がありますね。

iphoneXのapple純正シリコンケースのホワイトのカメラ部分

僕が気に入っているのがこのカメラ部分の穴です。分かりづらいですが、カメラの穴の周りが少し凹んでいますよね。

理由は分かりませんが、この窪みのおかげで良い感じにカッコ良く見えるんですよ!

iphoneXのapple純正シリコンケースのホワイトの上側

外観を見ていきましたが、デザインはさすがAppleの純正ケースといったところ。全体的に丸いので可愛い印象を個人的には受けました。

Daiking
あと見方によっては未来的というか、車の車体のような印象も受けましたね。みなさんはどう感じましたか?

それでは純正シリコンケースをiPhone Xシルバーに装着!

iphoneXのapple純正シリコンケースのホワイトを装着

白なので清潔感があり綺麗目な印象になりますね。シリコンでしっかり守ってくれそうな安心感があります。

iphoneXのapple純正シリコンケースのホワイトを装着して点灯

ロック画面はこんな感じ。厚みは意外とあるんですが、手で持ってる際にそこまで気になりません。

iphoneXのapple純正シリコンケースのホワイトを装着

人が服を変えるのと同じように、ケースを変えるとやはり印象も変わります。音量ボタンは押している感覚があり、使いやすいです。

Daiking
ただ唯一使いづらいのが、サイレント(マナーモードにする)ボタンに指が届きづらい点。ここも上手いことボタンと同じように覆って欲しかったなあ

上部も丸く覆ってくれているので安心です。画面の淵までしっかりカバーされています。

iphoneXのapple純正シリコンケースのホワイトを装着した電源ボタン部分

電源ボタンも覆われており、押しやすくて非常に便利。サードパーティ製(純正以外)だと硬かったり、うまく動作しないこともあるので純正の安心感はありますよね。

iphoneXのapple純正シリコンケースのホワイトを装着

下部は全て空いているので、ここは落とした時の弱点になるのでご注意ください。

純正ケースは安定の高品質クオリティでした

iphoneXのapple純正シリコンケースのホワイトを装着

Appleの純正ケースはやはり、割高なイメージがあったのですが買って良かったと思います。

iphoneXのapple純正シリコンケースのホワイトを装着

デザインも洗練されていますし、外す心配はほぼないでしょう。基本的にどの色でも合うように作られているので、他の色も試したいなと思うくらいです。

View this post on Instagram

year’s favorites! 

A post shared by 𐒡alem bakhadlaqi  (@salem.jpg) on

インスタ映えもしますね。白で統一してみるのもいかがでしょうか?

iphoneXのapple純正シリコンケースのホワイトとboseのsoundsportfreeワイヤレス

僕はひとまず、相棒のBoseの完全ワイヤレスイヤホンSoundsportFreeと一緒にバリバリ使ってやりたいですね。

iphoneXのapple純正シリコンケースのホワイトを装着

やはりシリコンのグリップ感というか、手に吸い付く安心感は素晴らしいですね。これは買いだわ。

Daiking
おしゃれで機能的な純正ケース。iPhone Xも色々と着せ替えしてあげないとね

▼その他 iPhone X のおすすめ記事3選!

iphoneXのapple純正シリコンケースのホワイトレビュー

▼今すぐこの記事をSNSでシェアする