【実機レビュー】iPhone XSとiPhone XS MAXをアップルストア表参道で触ってきた!Apple Watch Series4もみてきたよ

iphonexs_xs_max_applestore表参道でレビュー

発売日にiPhone XS/XS MAXとApple Watch Series4実機を触ってきました!iPhone Xとの比較やポートレートモードのボケ調整など色々と新機能も試して見たのでご覧あれ。

ついにiPhone XS/XS MAX発売日!アップルストア表参道へ

apple_store

来たる2018年9月21日!ついにiPhone XS/XS MAXの発売日です。あいにくの雨模様でしたがアップルストア表参道へ行ってきました。

applestore表参道の入口

思ったよりかは混んでませんでしたが、人だかりは出来ていましたね。またApple Watch Series4も同時に発売日です。店内展示も新製品仕様に変わっていました。

iPhone XS/XS MAXのゴールドモデルをチェック!

iPhone_xsとiPhone_xs_maxののゴールドモデルを比較

僕がチェックしたかったのは、新色ゴールドモデルの色合いとXS MAXの画面の大きさや手に馴染むかなどです。

ゴールドモデルをみた最初の印象は、思ったよりかはギラギラしてない印象。パッと見たときはシルバーモデルと思ったほど。

iPhone_xsのゴールドモデルを手でも持つ

iPhone XSのゴールドモデル

壁紙の影響か、有機ELディスプレイ(画面)の鮮やかさが際立ちます。手に持った感じはiPhone Xと特に同じです。

iPhone_xsとiPhone_xs_maxののゴールドモデルを比較

左がiPhone XS MAX 右がXS

左がXS MAX 右がXSです。手に持った感じは割と馴染みます。

iphonexs_xs_max_applestore表参道でレビュー

iPhone Xと比べると際立つiPhone XSのゴールドカラー

iPhone_xsのゴールドモデルとiPhone_xのホワイトモデルを比較

僕が現在使用しているiPhone Xのシルバーと比較してみました。比べるとゴールド感が伝わるでしょうか。

iPhone_xsのゴールドモデルとiPhone_xのホワイトモデルを側面比較

サイズや重さもiPhone XとiPhone XSと同じですが、持った感じはXSが軽く薄く感じました。なぜだろうか。ボタンの位置などもすべて同じ。

iPhone_xsのゴールドモデルとiPhone_xのホワイトモデルを比較 iPhone_xsのゴールドモデルとiPhone_xのホワイトモデルを比較 iPhone_xsとiPhone_xs_maxののゴールドモデルを画面サイズ比較

XS MAXとも比較してみました。iPhone Xから変えるなら僕はMAXでしょうか。ディスプレイの大きさの迫力はかなり良いです。ゲームとか捗りそう。

XSとXS MAXの表示率の比較

iphone_xsとxs/maxの画面表示率の違い

例えば天気アプリでははもちろんMAXが表示領域多いです。

iphone_xsとxs/maxの画面表示率の違い

地図アプリやゲームなどではMAXの威力が発揮しそう。ですが思ったより表示率に違いを僕は感じませんでした。

ですがXS MAXは手に持った感じが予想よりも大きくなく、アリだなと感じたほど。

ポートレートモードの背景ボケ(被写体深度)調節は優秀なカメラ

iPhone_xsのポートレートモードの被写体震度調整の比較_f値16

f値が16(ボケ最小)

カメラ機能での大きな変化が、写真撮影後に背景ボケ(被写体深度)調節が可能な点。f値は1.4〜16まで調整が可能。

非常に簡単にボケを調節して、素人でも一眼レフで撮影したように編集できます。

iPhone_xsのポートレートモードの被写体震度調整の比較f値4.5

f値が4.5

f値が4.5が上の写真です。f値(絞り値)が小さいほどボケが強くなります。

iPhone_xsのポートレートモードの被写体震度調整の比較_f値1.4

f値が1.4(ボケ最大)

さらにf値を下げて1.4にすると、かなりボケの強い写真が簡単に出来上がりました。これはすごい。

フルモデルチェンジしたApple Watch Series4には人だかりが

apple_watch_series4の40mmゴールドモデル展示

発売以来の初めてのフルモデルチェンジ(デザイン変更)ということで、展示ブースの周りには人だかりが。丸くなった本体(ケース)と新しいWatchフェイスが特徴的です。

apple_watch_series4の40mmゴールドモデルの画面 apple_watch_series4の40mmゴールドモデルの画面 apple_watch_series4の40mmゴールドモデルのnewface画面

watchOS 5では動く文字盤が追加。「Fire & Water」「Vapor」「Liquid Metal」「呼吸」「Infograph Modular」「Infograph」。画像は動く蒸気のVaporです。

apple_watch_series4の40mmゴールドモデルのnewface画面

また文字盤状で深呼吸をサポートしてくれるWach Faceも使えるように。

デザイン・機能ともに進化したデジタルクラウン

apple_watch_series4の40mmゴールドモデルの画面のDigital Crown apple_watch_series4の40mmゴールドモデルの画面のDigital Crown側面

デジタルクラウン(右上のボタン)もデザイン、機能的に進化。物理的に押しても引っ込まないボタンになりましたが、特に違和感なく使えました。よりシンプルなデザインにも注目。

僕はSeries 4のスペースグレイアルミニウムモデル40mmを購入

apple_watch_series4の40mmスペースグレイモデルのnewface画面 apple_watch_series4の40mmスペースグレイモデルのnewface画面

iPhone Xを1年間使用してとくにiPhone XSに変える理由もないので、今回はパス。

ですがフルモデルチェンジしたApple Watchスペースグレイ・アルミニウムモデル40mmを購入しました。入荷までは時間がかかるようで、約1ヶ月後に届く予定です。

※iPhone XS/XS MAXやApple Watch Series4 の機能・スペック詳細や発表会については以下の記事をご覧ください。

【サクッとまとめ】iPhone XS、XS Max、XR・Apple Watch Series 4の価格と発売日。Appleイベントで発表されたもの

最後に写真ギャラリーどうぞ

▼Apple関連のおすすめ人気記事3選!

iphonexs_xs_max_applestore表参道でレビュー

▼今すぐこの記事をSNSでシェアする