iPad Pro 2018実機レビュー。スペック最強で極薄な史上最高のタブレットかもしれない。Apple Pencilとキーボードも

ついにiPadもフルモデルチェンジ。さっそくAppleストア表参道で実機を見て来ました!

iPadの使い方の立ち位置で迷うデバイスですが、Appleはクリエイティビティを作り生み出すタブレットPCへとiPadを再定義しようとしています。

久々にデザインが刷新され四角く角ばったデザインで、画面もベゼルが狭くなり大きく。未来を感じる新しいiPad Pro 2018を見ていきましょう!

四角く角ばったデザインはまさに光る石板のよう

背面を向いたipad_pro_2018のスペースグレイを左手で掴んでいる様子

こちらは小さい11.5インチモデルのスペースグレイ。四角く角ばったデザインに。無駄をとにかく削ぎ取った印象を受けました。かっこいい。

ipad_pro_2018のスペースグレイをアップルストア表参道で左手で掴んでいる様子

今回からホームボタンがついに無くなり、iPhone Xから搭載されているFace IDになりました。画面がかなり大きく感じます。

ipad_pro_2018のスペースグレイを側面から左手で掴んでいる様子

この薄さは衝撃。まさかの5.9mm。

持った瞬間に薄さと軽さを非常に感じました。そして不思議と手に馴染む。

側面にはスピーカーの穴と電源ボタンと、中央の穴はマイクでしょうか。

背面を向いたipad_pro_2018のスペースグレイのカメラの出っ張りを見ている様子

気になったのはカメラが出っ張っているところ。ちょっとぐらつきますね。

背面を向いたipad_pro_2018のシルバーの底面を左手で掴んでいる様子

こちらは11インチのシルバーモデル。シルバーは清潔感があっていいなあ。適度に光沢がある感じでしょうか。

ipad_pro_2018のシルバーの底面のusb-c端子とスピーカー見ながらを左手で掴んでいる様子

今回のiPad ProからはついにUSB-Cに対応。高速データ通信や充電に対応で他のデバイスと充電ケーブル端子がまとめれるのは最高。

ipad_pro_2018の12.9インチモデルをアップルストア表参道ないで左手で掴んでいる様子

こちらは12.9インチの画面が大きいモデルです。ホームボタンが無くなって持ちやすくなりました。前世代の12.9インチと比べると小型で持ちやすくなり、割とありだなと感じてしまいました。

大きいので11インチと比べると携帯性は下がりますが、12.9インチでも持ち運べる感は上がりましたね。

写真や動画・ウェブ閲覧などに大画面化は効果バツグン

10.5インチ→11インチと0.5インチしか数値的には変わってないのですが、かなり大きく感じますね。

Webページや動画も実際に見たのですが、迫力がハンパない

スピーカーも2つ→4つになり、音も臨場感も素晴らしい。NetflixやYoutubeの動画閲覧には最高でしょうね。

動画見ながらメッセージを送るなど、画面分割(スプリットビュー)もさらに快適に。

そしてデザインやお絵かきも画面が大きいと嬉しいですよね。あと画面が綺麗すぎる。Apple Pencilについては後ほど。すごいよペンシル。

Apple Pencilの書き心地は限りなく本物のペンに近づいた

apple_pencil第2世代を左手で持っている様子

Apple Pencil(アップルペンシル)も第2世代に。以前のタイプは丸型でしたが、今回から一面だけ平らになっています。

apple_pencil第2世代の先が見え左手で持っている様子

ペン先はなどは特に同じですね。質感は本当にペンを持っているようで心地よい。

ipadproにapple_pencil第2世代を右手で持ってdaikingのおブログを描いている様子

もう紙は要らないかもしれない。

文字などは紙で書く派なのであまり使わないのですが、書き心地最高。遅れなどは全くなく、筆圧もしっかりと検知してくれます。

例えば画面をペンシルで強く押せば濃く、軽く押せば薄くなります。

apple_pencil第2世代がipadproにひっつきワイヤレス充電されている様子

そしてiPad Proに磁石でくっつき、同時にワイヤレスで充電されます。これは便利すぎる。磁石もしっかりとくっつくので、振り回しても取れる心配はなさそうです。

iPadの側面に磁石面があり、そこに引っ付けます。ちょっと残念だったのが右側面しかペンシルを引っ付けられない点。一面しかくっつけることはできません。

Smart Keyboard FolioでタブレットPC化も

Smart Keyboard Folioとipadproを左斜めから見た様子

Smart Keyboard Folioも同時に発売されました。カバーにもなります。

接続はメチャクチャ簡単。

iPad Proの背面にあるこの3つの穴にくっつけるだけで接続できます。

そしてこの溝にiPadを入れて磁石で固定します。角度調整が2つしかできないのでここも残念ポイントですね。

引っ付けるとこんな感じに。キーボードのスペースは広くないですが、狭くは感じませんでした。

打ち心地も割とよく、深さもMacの薄いバタフライキーボードに似ているかも。

ですがトラッドパッドがないので、やっぱり不便さは感じました。手軽に文字を打つにはいいですが、PCと置き換えるのは難しいかなと。

まとめ:新iPad Proはサクサク動く最強の極薄タブレットだ

薄いボディにAppleの本気が詰まっている。

とにかくヌルヌル動いて、噂どうりのスペックモンスターなタブレットでした。デザイン性・薄さ・使い勝手などどれをとっても非常に高いレベル。ぜひ店頭で実際に触ってみてもらいたい。

新型iPad Proの機能詳細についてはこちらの記事へ

iPad Proのスペックなど詳細についてはAppleの発表会から、こちら↓の記事でまとめてあります。参考までにどうぞ。

>>>これは買いか。2018年新型iPad Pro発表!ベゼルレスで画面が大きくなりました

▼今すぐこの記事をSNSでシェアする