これは買いか。2018年新型iPad Pro発表!ベゼルレスで画面が大きくなりました

iPadPro2018が横向きで中央にあり、オレンジと水色と黒が飛びちり合わさった壁紙になっている

今年は「Apple Watch」「Macbook Air」とフルモデルチェンジの年。そしてその波がついにiPadにも来ました!

そしてApple PencilとKeybordも刷新されて、クリエイターには最高かもしれない。一般ピーポーの僕にとっては読書や漫画、雑誌などの本たちと動画を見るには本当にもってこいの商品。

久々のフルモデルチェンジということで、何が変わったのか見ていきましょう。

ついにベゼルが薄くなり全画面へと近づく

スマートフォン業界では流行りのベゼルレス(縁のない)全画面ディスプレイ。ついにiPadにもやってきました。

iPadPro2018が縦向きで中央にあり、オレンジと水色と黒が飛びちり合わさった壁紙になっている

縁が狭くなり、同じ本体サイズでも画面の大きさが広くなりました。

左に10.5インチのiPadProと右に11インチの新型ipadproが並んでいる様子

このように大きさは同じなのに画面は大きく!0.5インチの差だけど、それ以上に大きく感じますね。

左に12.9インチのiPadProと右に12.9インチの新型ipadproが並んでいる様子

12.9インチの大きいサイズのほうは、画面サイズはそのままに本体が小さくなり軽量化。

12.9インチの新型ipadproの上にノートの紙が重なっている様子

もはや少し大き目のノートと変わらないんです。ペーパーレス派には最高かも。

薄さは5.9mmになり25%軽量化

iPad Proの厚さは5.9mmを表すプレゼン。左から半分まで本体が出ている

6.9mmと元々薄かったiPadがさらに薄くなり、5.9mmに。もはや光るノート。

6冊のカラフルな本の上に乗っているipadpro

もはや鉛筆より薄いどころか、本に紛れていても分からないレベルで薄い。

25%less_volume

そして重さも25%軽量化の11インチが468 g、12.9インチが631gに。さらに外出先へもちだしたくなりますね。薄くなって折れないか心配。

Face ID(顔認証)にも対応でホームボタンばいばい

ipadproを両手で持ってface_idのロックを解除している様子

iPhoneの次はiPad。さようならホームボタン。ベゼルが薄くなったことで、Touch IDは廃止され代わりにFace IDが搭載。

iPadPro2018が縦向きで中央にあり、オレンジと水色と黒が飛びちり合わさった壁紙になっている

しかも画面を縦にしても横にしても、さらに逆向きでも 反応するとのこと。

A12X Bionicチップ搭載でスペック最強で1TBに対応

a12X_bionic

9月に発表された iPhone XS/XS Maxにも搭載されているニューラルエンジン搭載のA12X BIonic。

1000x倍のfaster_graphics_performance

グラフィックのパフォーマンスは1000倍早く。

iPadに最適された7コアのGPUと8コアのCPUを内蔵した特製チップ。例えばAdobeのPhotoshopのような負荷がかかるアプリでも、軽々と動かせるそう。

ipad_pro上で動くadobeのarの草木と滝

AdobeでAR(仮想現実)も普通に動いていました。ARにも力を入れているようです。

1tbの容量

そしてストレージ容量も最大1TBまでカバー。動画も入れ放題だね。その分値段もすごいんだが。。。価格は後ほど。

USB-C端子に対応

ipadproにusb-c搭載

これは歓喜!ついにMacに続いて、iPad ProもUSB-Cになりました。これで端子が統一できるので、余計な荷物が減りそうです。

最初はMacでその次はiPadと段階的に来ているので、来年あたりにiPhoneもUSB-Cになりそうですね(切望)。

女性が右手で持ったipadproで左手に持ったiphonexsをusb-cで充電している様子

なのでもはやiPadでiPhoneを充電することだって出来ちゃいます。USB-C いいでしょ?

Apple Pencilにも第2世代が新登場

apple_pencil

iPad Proと親和性が高いものといえば、やはりApple Pencil。こちらも機能が刷新。

ipadproの上磁石でくっ付きでワイヤレス充電しているapple_pencil

なんとマグネット式でiPad Proにくっ付き、しかもそのまま充電される!ワイヤレス充電が可能に。

置き場所もできて、スマートに充電もでき。最高かよ。ただしその分お値段が14,500円に少し値上がり。

キーボードもSmart Keyboard Folioが新登場

smart_keyboard_folio

キーボードもSmart Keyboard Folioに刷新されました。従来のSmart Connectorではなく、102個のマグネットを仕込み磁力でiPadに引っ付く形式に変更。装着がグッと楽に。

ipadに取り付けられたsmartkeyboard

角度を変えれたりもするんですが、タッチパッドがないのが残念。Apple Pencilで操作しろということか。

ipadに取り付けられたsmartkeyboardとapple_pencil

さらにタブレットとしても、PCとしてもパワーアップしてるということでしょうか。

11月1日発売。価格は8万9,800円〜

ipadproは11月7日に発売

予約開始はMacbook Air同様に本日からで、発売日も11月1日から。

ipadpro10.5インチ_11インチ_12.9インチの価格

かなり進化したので値段高そうだなーと思っていたのですが、11インチ・64GBが8万9,800円〜(税別)とそこまで高くはない印象。12.9インチ64GBが111,800円〜です。

1TBにすると11インチで17万2,800 (税別)と20万円ほどに。さすがに高い笑。

ですがこういうデバイスがクリエイティビティを支えてくれるんだろうなと感じました。Appleすげぇなあ。

はやくもハンズオン動画出てます!メチャクチャ薄いね。

新型Macbook Airも発表されたよ

macbookair2018の左からシルバー・ゴールド・スペースグレイが並んでいる様子

同時にフルモデルチェンジとなる「Macbook Air」も発表されたのでこちらもチェックすべし!

>>>何が変わった?新型「MacBook Air」発表!Retinaディスプレイ搭載で薄型・軽量化など変更点まとめ

iPadPro2018が横向きで中央にあり、オレンジと水色と黒が飛びちり合わさった壁紙になっている

▼今すぐこの記事をSNSでシェアする