一眼並みのライカカメラ性能。Huawei P20 Pro ミッドナイトブルー実機外観デザインレビュー!

ファーウェイが3月27日にフランス・パリで発表した「Huawei P20」シリーズ。4000万画素数を誇るトリプルレンズのLeica(ライカ)カメラ搭載で注目を浴びました。

huawei-p20-and-p20-pro-main

今回はこちら「P20 Pro Midnight Blue(ミッドナイトブルー)」の実機を手に入れたので簡単に外観デザインレビューしていきたいと思います。

Huawei P20ミッドナイトブルーの外観デザイン(背面)レビュー

huawei_p20_Midnight Blue_back_design

背面は全面ガラスパネルで覆われ、曲面は3Dガラスパネルで精密に作り込まれています。

huawei_p20_Midnight Blueの背面ロゴ

そして非常に光沢があり、鏡として自分の顔を認識できるレベル。

huawei_p20_Midnight Blueの背面の光沢

カメラのピントを合わすのが難しいのと、自分の顔が写ってしまうので撮影に苦労するほど。

huawei_p20_Midnight Blueのleicaトリプルカメラ huawei_p20_Midnight Blueのleicaトリプルカメラ

そしてLEICA(ライカ)製のトリプルレンズカメラが縦型に並んでいます。

huawei_p20_Midnight Blueの側面

側面はiPhone Xのような縁がシルバーの金属素材で作られています。高級感はありますが、手に持つと非常に滑りやすいと感じました。

電源ボタンが、中央がオレンジ色でアクセントになっており良い。

huawei_p20_Midnight Blueの底面と接続端子

底面はスピーカーの穴と接続端子のUSB Type-Cのみになりました。Huawei P10ではあったイヤホンジャックはついに無くなり、Huaweiもワイヤレスイヤホンへシフトしていきそうです。

huawei_p20_Midnight Blueの背面のhuaweiロゴ

HUAWEIというロゴ文字やLEICAという印字が、横向きになっています。こちらはプロ向けの仕様ということで横向きで、撮影されることを想定して作られたそうです。

huawei_p20_Midnight Blueの背面デザイン

個人的には目立ちすぎずシンプルですが、意外となかったデザインなので気に入ってます。

Huawei P20ミッドナイトブルーの外観デザイン(前面ディスプレイ)

6.1インチの「HUAWEI Full View Display」(フルビューディスプレイ)になりました。

huawei_p20_Midnight Blueのfull_view_displayを持った

ディスプレイ上部にノッチ(切り抜き)があるデザインで、iPhone Xに似ています。そしてなぜか指紋認証も搭載されています。

huaweip20とiphoneXのノッチデザイン比較

image from Forbes

ノッチ自体はiPhone Xと比べると小さくそこまで気にならないという印象です。そして本体はGalaxy S8/9 のような縦長を採用しています。

片手ではディスプレイ上部まで届かないので、アプリ等は画面より下に配置する仕様になっているためそこまで本体の長さは気になりません。

huawei_p20_Midnight Blueのfull_view_displayと顔認証 huawei_p20_Midnight Blueのfull_view_displayのノッチデザイン

P20ではiPhone XのFace IDほどではないですが、顔認証も備わっています。こちらの切り抜き部分にセンサーと24MP(2400万画素)のフロントカメラを搭載。

背面のLEICAカメラに注目が集まりがちですが、実はフロントカメラもかなり高性能です。

huawei_p20_Midnight Blueのfull_view_displayの指紋認証

ただ多くの海外レビュー者も語っているように、指紋認証を搭載する必要があったのか疑問です。全面フルディスプレイになっていればデザイン的に優れていたモノに仕上がっていたと考えると残念。

LEICAトリプルカメラは他社を圧倒。ミラーレスや一眼並みの性能

huawei_p20のトリプルレンズカメラの詳細

LEICAのトリプルレンズカメラは上から 8メガピクセル(800万画素)のテレフォトレンズ、40メガピクセル(4000万画素)のメインカメラ、20メガピクセル(200万画素)のモノクロームレンズ。

huawei_p20_Midnight BlueのLeicaトリプルレンズカメラ

こちらの3つのレンズを組み合わせて撮影することで焦点やコントラスト、写真のシャープさを生み出します。

実際に撮影した作例が以下になります。ぜひご覧ください。

huaweip20Proで撮影した写真 huaweip20Proで食べ物撮影した写真 huaweip20Proで撮影した写真

実際にトリプルカメラで撮影してみた感想は、素晴らしいの一言。
技術やテクノロジーが進化しているとはいえ、スマートフォンとミラーレス・一眼カメラとの差はあると感じていました。

しかし Huawei P20 Pro はその差をグッと縮める、もしかしたら将来的にミラーレス・一眼カメラを超えるのではないかと期待させてくれる美しさです。

まとめ: 美しいデザインとカメラ性能はNo. 1の P20 Pro

huawei_p20_Midnight Blueの背面デザインとleicaトリプルカメラ

指紋認証を残したディスプレイには疑問が残りますが、美しいガラスデザインは所有欲を満たしてくれます。
LEICAのトリプルカメラは現時点では、スマートフォンカメラでNo. 1と言えるでしょう。

日本未発売のスマートフォンやタブレットを購入するならEtoren(イートレン)がおすすめ



日本未発売の製品が手軽に海外から購入できるのがEtoren(イートレン)です。何かあった時の日本人スタッフによるサポートや12ヶ月の製品保証もあり、注文から早いとだいたい3-5日ほどで届きます

僕も何度か利用していますが、本当に海外から来ているのかというくらい配送が早いです笑。香港を拠点としているため早く届きます。

また大きいのは日本国内に提携サービスセンターがあること。例えば修理依頼をするとき本体を香港へ送る必要はなく、Etorenでは日本国内の提携サービスセンターへの発送で済みます。

Daiking
サイトを見ているだけでも楽しいので、新しいものや先取りしたい人にオススメ
ちなみに僕が以前使用していたHuawei P10はEtorenで購入しました。P20 Proの半額ほど購入できるので、こちらもオススメできます。

まるで青いiPhone! HUAWEI P10ダズリングブルー(Dazzling blue)かんたんレビュー!

Etoren(イートレン)

でまずは最新スマホをチェックしてみてはいかがでしょうか?

▼今すぐこの記事をSNSでシェアする