ギャラクシー史上最高!?ペン対応、大画面6.3インチ「Galaxy Note 8」がついに発表!

タッチペン搭載のgalaxy_note8が発売
Daiking
ついに「Galaxy Note 8」が復活!これはギャラクシー史上最強じゃないのか?

2017年8月23日アメリカのニューヨークで、サムスンがタッチペン搭載スマートフォンGalaxy Noteシリーズの最新作「Galaxy Note 8」 を発表しました。

前モデルGalaxy Note 7では爆発事故や航空機内への持ち込みが禁止されるなど、世界中で話題になりました。Galaxy Note 8は汚名の返上とサムスンブランドの復活を担うために、注目される製品です。

「Galaxy Note 8」が8月23日に発表!?サムスンが公式に予告。発火事故から復活なるか

Galaxy Note 8はタッチペン搭載の大画面スマホ

インフィニティディスプレイ搭載のgalaxy_note8

Galaxy S8 / S8+ から導入された『Infinity Display(インフィニティ・ディスプレイ)』は、6.3インチの大画面(有機ELディスプレイ)へ進化。

Infinity Displayとは、ほぼベゼルレスで全面フルガラスを採用、エッジからエッジまでフレームをそぎ落とした全画面ディスプレイです。対角線で測ると、全画面で約6.3インチ。婉曲したエッジ部分を除くと約6.2インチになります。

スペックは6GB RAM(メモリ)、CPUは最新のSnapdragon 835を搭載。容量はマイクロSD拡張対応の64GB/128GB/246GB3300mAhバッテリーに接続端子はUSB Type-Cです。イヤホンジャックも付いてます!もちろんワイヤレス充電対応です。

Noteシリーズといえばタッチペン。搭載されているS-Pen(エスペン) は筆圧感知4096段階、ペン先0.7mmに進化しさらに描きやすくなりました。S-Penは本体に収納可能。

galaxy_note8の新型タッチペンのS-pen galaxy_note8のs-penでライブメッセージも送れる

そして新たにライブメッセージを送れたり、画面オフのまますぐにメモやGIFアニメも自分で作成できたりとメモや手書きに対する機能が充実しています。

またウェブサイトやスクリーンショットにささっと手書きして保存共有や、ペン先で正確にテキストを選択して翻訳など重宝しそうですね。

galaxy-note8_water-resistant

タッチペンも含めてIP68防水防塵(完全防水防塵)です。つまりプールなどの水中で普通に使用できます。水中でライブメッセージしてみる?

Galaxy Note 8 のデザイン

galaxy_note8のデザイン

デュアルカメラも搭載され、前面から見るとGalaxy S8とそっくりですが、背面からだと全体的にスクエアな(四角い)印象です。

大画面スマホではありますが、iPhone 7 Plusと比べると、実は本体幅が3mmほど細いので持ちやすい。(Note8は74.8mm、iPhone 7 Plusは77.9mm)

galaxy_note8のデザイン

ただペンを収納するために、本体の厚さは8.6mmと少し厚め(iPhone 7 Plusは7.3 mm)。重さは195gなので思ったより軽い印象です(iPhone 7 Plusは188g)。

サムスンはNote 8の大画面でマルチタスクも押しています。

galaxy_note8でマルチタスクとマルチディスプレイ

Note 8 では画面分割して地図アプリを見ながら、音楽アプリも操作できます。2つのアプリを同時に開けるマルチウィンドウモードで起動です。1タップで2つを同時に開くことが可能。大画面だからこそできる機能ですね。使わなそうだけど笑

カラーバリエーションは新色のディープシーブルーを含む4色

galaxy_note8のカラーバリーエーション

やっぱりサムスンはNoteシリーズ発表のタイミングで新色を出してきましたね。今回の新色は濃い海の青色「Deep sea blue(ディープシーブルー)」です。

galaxy-note-8-deep-sea-blueディープシーブルー

季節が夏だからか青色や海に関する写真とかが多く感じます。動画を見てもらえば分かりますが、かなり濃い目で暗い青色に仕上がっています。

カメラはサムスン史上最強の光学ズーム付きデュアルカメラ

galaxy-note8のデュアルカメラ

カメラはiPhone7 Plusを超えました。最近で一番かも。

Galaxy S8でもデュアルカメラは搭載されておらず、遅れを取っていたサムスンですが追い返してきました。

広角カメラはF1.7レンズ、デュアルピクセルAF(オートフォーカス)対応で、1200万画素。しかも2つのカメラの両方が光学手ブレ補正に対応。揺れてもブレないんです。

一眼レフのようなに背景をぼかす「Live Focus(ライブフォーカス)」 にも対応。iPhoneのポートレートモードと同じです。しかし、凄いのが写真を撮影後でもボケ味を調整可能です

例えば以下の画像のボケ味を調整します

galaxy-note8-camera_focus2

この写真をLive Focus(ライブフォーカス)」モードでぼかし調整すると

galaxy-note8-camera_focus

いい感じにぼかしてくれましたね。地味にこれは便利。

カメラ機能についてはサムスンのプレゼンでデモンストレーション(実演)されています。

とても分かりやすいで興味ある方はぜひご覧ください。(動画はカメラの説明が始まる1分30秒からスタートします)

実際にGalaxy Note 8で撮影された写真もご覧ください。Source:Galaxy公式サイト
galaxy-note8のカメラで撮影された写真

galaxy-note8のカメラで撮影された写真 galaxy-note8のカメラで撮影された写真

気になる価格と日本発売日は?

galaxy-note8_design

アメリカでは仮予約は8月29日にスタートし、製品出荷は9月15日を予定。日本発売に関する発表はありませんでした。しかし日本語サイトがすでにオープンしていることから発売が予想されます。おそらく10月〜12月頃になるのではないかと。

追記:日本発売が正式にアナウンスされました。予約受付開始は10月12日からでdocomoとauが取り扱い、日本発売日は10月26日です。ちょうどiPhone Xの予約開始日の1日前です。なにか意味があるのでしょうか?

ちなみにauでは、Note8購入でキャッシュバック&抽選で200名様にGear 360プレゼントキャーンペーン中。ただし発売日前日までに予約するのがキャンペーン適用条件です。

galaxy_note8のauでの予約特典

価格は地域やキャリアにより異なりまだ不明ですが、10万円を超えると言われています(高い!!!)。

分かり次第お知らせしますのでお待ちください。docomoとauから販売される見込みです。

動画でもチェック!

こちらは有名ガジェットYouTuber MKBHDさんの動画

アメリカ大手テック・IT系メディアのThe Vergeのハンズオン動画

タッチペン搭載のgalaxy_note8が発売

▼今すぐこの記事をSNSでシェアする