【徹底解説】Androidの生みの親が開発した「Essential Phone」ってぶっちゃけどうなの?カメラ・スペックは?日本でも楽天モバイルで販売開始

essential_phone
Daiking
「Essential Phone(エッセンシャルフォン)」の発売がついに決定しましたね。

Androidの生みの親アンディ・ルービン氏が手がけるスマートフォン「Essential Phone」が2017年9月1日に発売されることが正式に発表されました。元Googleのアンディ・ルービン氏が設立したEssential社から発売されます。

これにともなって予約も開始。ルービン氏設立の企業やそのシンプルなデザインなどから、発表時には大いに注目されました。しかし7月上旬に幹部役員の退職が報じられるなどの不穏なニュースも。

その一方で、Amazonや中国Tencent(テンセント)から3億ドル(約330億円)の資金を調達。製品を未だ発売していないにもかかわらず企業価値として約12億(約1,300億円)ドルの評価を受けるなど注目度は高い!。

アンディ・ルービンって誰?何それおいしいの?

アンディルービンってだれ?

Andoroidの父」と言われるアンディ氏は1963年生まれの54歳。光学機器メーカーであるカールツァイスでキャリアをスタートさせ、1989年にはAppleに入社し、通信技術関連のエンジニアとしてモデムの設計などに携わる。

数年後にはDanger社を設立し当時スマートフォンの先駆けと言われた「Sidekick」という端末を、T-Mobileよりリリース。のちにDanger社はMicrosoft(マイクロソフト)社に買収されています。

そして2003年10月にはAndroid社を設立。ハードウェアではなく、携帯端末向けOS(オペレーティングシステム)を開発。

誰でも使えるスマートフォン用OSを開発し、メーカーに無料で提供する」というアイデアを元に世界の携帯電話端末メーカーにプレゼンテーションを行ったが、最終的にAndroid社はGoogleによって買収されることに。

Googleで活躍後、2014年にルービン氏はGoogleを去りパン屋さんを経営するかたわら、ハードウェアスタートアップ起業家の相談に乗っていたそう。それがEssential設立の始めるきっかけになりました。

Daiking
つまりこの人がいなければ今のスマホはなかったかもと思えるぐらい、凄い人。というかAndrodって元々Googleが作ったんじゃなかったのね(笑)知らなかった!

そんなルービンが作ったスマホが「Essential Phone」

essential_phoneの解説とアンデルービン

そんな凄いルービン氏が作ったから注目されているんです。彼いわく、「最近のテクノロジーは不必要な機能ばかり増え、乱雑になっている。それをもっとシンプルに正したい」との想いから作られました。

非常にシンプルで洗練されたデザインのessential_phone

実際によくスマートフォンに見られる企業のロゴは無しOSもピュアなAndroidが使われていたりとデザイン、機能ともにシンプルに作られているのが特徴です。

Essential Phoneのスペックはぶっちゃけどうなの?

essential_phoneの解説とスペック

Essential Phoneのスペックは正直めちゃくちゃ高いと言うわけではないです。Androidフラッグシップ端末としては標準的でしょう。

CPUは最新のSnapdragon 835(スナップドラゴン)メモリは4GB充電端子はUSB-TypeCです。

他のメーカーと比べて良い点はストレージ(容量)が標準で128GB搭載なので、Galaxy S8とかの倍です。ただmicroSDカードスロットはないので、容量を後から追加なんてことはできません。

essential_phoneの解説とスペック

背面には1300万画素のカメラと指紋センサー。またアクセサリをつなぐための磁気アタッチメントシステム(次で説明します)があります。バッテリーは3,040mAhで、このサイズのスマートフォンにしては少なめな印象。

磁気アタッチメントでアクセサリを簡単に取り付け可能

essential_phoneの磁気アタッチメントシステム

世界最小のパーソナル360°カメラを磁石で背面に簡単に取り付けられます。

essential_phoneの磁気アタッチメントシステムの360度カメラ

他で見かける360°カメラは、大きくて、ごつくて、使い方も複雑ですよね。そういうものを使わない皆のために、今こそ、誰かが新しい360°カメラを作る時だ——私たちはそう思いました。

この360°カメラを、クリックひとつであなたの携帯電話につないで、レンズを向け、撮影して、シェアしましょう。そう、とても簡単なんです。

Essential公式サイトより引用

デュアルカメラで解像度は12メガピクセルf値は1.8となかなかいいです。ビデオ解像度は30fpsでの360°UHD (3840 x 1920)

手頃で使いやすい360度カメラはあんまり無いのでいいかもね。

背面のデュアルカメラは良いの?

essential_phoneの背面のデュアルカメラはどうなのか

背面カメラが凹凸なしで搭載されているのは、「世界最薄のデュアルカメラモジュール」らしい。Appleですらカメラ凸凹してますからね。

ちゃんと良い写真が撮れるようですが、すごいってほどではないみたい。

デュアルカメラですが、背景をボケさせるみたいな機能はないみたいよ・・・。

良く言えばシンプル、悪く言えば物足りないでしょうか。

落としても傷がつかないチタンボディ

動画はコンクリートへの落下試験の実際の様子です。競合他社のアルミニウム製デバイスとは違い、硬いコンクリートの上に落ちても、Essential Phone のチタン筐体は傷つくことなく無事であったとのこと。

essential phoneの落下実験の結果
Daiking
スマホ落としても傷つかないとかスゴくね。よく落とすからスマホ全部チタン製にしてほしい(切望)

カラーバリエーション(カラバリ)は何色?

essential_phoneのカラーバリエーション

ブラックムーンピュアホワイトステラーグレーオーシャンデプス4色展開ですがステラーグレー、オーシャンデプスはまだ予約できないようです。近日登場とのこと。

値段(価格)はいくらなの?日本から購入できるの?技適は?

essential_phonの価格

Essential Phoneは699ドル(約7万6000円)〜。アクセサリの360度カメラ付きは749ドル(約8万2000円)〜購入可能です。

もちろんSIMロックフリーですので格安SIM使えます。技適もアップデートにより表示されることになり、日本での使用ができるようになりました!技適マークしっかりとあります。

追記: Essential が、エッセンシャルフォンことPH-1を499ドルに値下げしました。発売から約2ヶ月ほどで200ドルの値下げに踏み切りました。

今回の値下げについてEssential は、テレビコマーシャルなどの宣伝やマーケティングに使うこともできたが、それより手に届きやすい価格で買いやすくすることのほうが、製品と会社のを知ってもらうために良いと判断したそうです。

essential_phoneは日本への発送対応で購入可能に

そして日本への発送も可能になりました!公式サイトも日本語に対応しているので、分かりやすくて良いですね。

追記:日本で楽天モバイルとIIJmioで発売開始!Android 9 Pieも利用可能

楽天モバイルのessential_phoneの発売開始

ついに日本で正式に楽天モバイルとIIJmioで販売が開始されました。

楽天モバイルでの価格は新規契約とショップでの機種変更が一括4万9800円(税別)、WEBでの機種変更は4万4820円(税別)。9月11日(火)10時〜オンラインで受付を開始、12日から発送を開始。一部店舗では9月15日(土)から受付開始とのこと。

>>【WEB限定 Essential Phone 購入者キャンペーンあり】楽天モバイル公式サイトはこちら


IIJmioでは9月11日(火)10時から販売開始。価格は一括4万6000円(税別)。360°カメラセットも販売され、こちらは5万4640円(税別)。

最新OSのAndroid 9 Pieにも正式対応端末

andorid9_pie

現時点では国内でEssential Phoneのみが正式にAndroid 9 Pieが動く端末です。Pixelの日本発売がなかなか進まない中、ピュアで最新OSが使える貴重な端末です。

まとめ。結局Essential Phoneは買いなのか?

essential phoneは買いなのか
結論から言えば、デザインも洗練されていて面白いのですが、革新的とまではいかなさそう。どちらかと言えば機能よりも、よりシンプルさを求める人には良いんじゃないでしょうか。

Daiking
僕は美術品としては一級品だけど、ガジェットとしてはイマイチかなと。でも手に入れたいスマートフォンの一つ。まだEssentialは新しい会社なのでこれからという感じではないでしょうか。

essential_phone

▼今すぐこの記事をSNSでシェアする