これはナイスアイディア。AppleWatchの充電スタンドは「こいつが正解」だと行き着いた。

1年ぶりにApple Watch Series4 40mmを購入。新しくなって便利になったとはいえ、毎日の充電は必要。そこでなんとなく思い出したのが、昔のMacのようなスタンドなかったけと。

充電のわずらわしさを忘れさせてくれる elagoの「W3 Stand」が記憶の中のそれでした。実際に購入して使用して見ましたが愛らしい。開封レビューしていきたいと思います。

どこか懐かしいMacのようなW3 Stand 開封レビュー

化粧箱もシンプルでApple製品のよう。

白い箱にシンプルに描かれたロゴとスタンドの写真から期待が膨らむ!

片手で持てるぐらい非常にコンパクト。

Apple Watchを充電する仕組みは、上部にあいた穴から本体を入れて充電します。

そして充電ケーブルを後ろからスポっと入れて、中にいれることで簡単に充電スタンドとして機能。

例えばベットルームの横やリビングなど、どこに置いてもインテリアとして映えそう

Apple製品好きにはたまらないレトロな質感

パッケージから開けると、懐かしい「Hello」の文字が。このレトロな質感と雰囲気が愛らしい。

Helloの刺し紙を取るとApple Watchの充電器を入れる穴が登場。ここにはまります。

横から見るとこんな感じ。傾斜74度に設計されたスタンドは、アップルウォッチを装着し充電を開始すると、自動的にナイトスタンドモードに対応するよう設計されています。

後ろには充電ケーブルを固定できる穴が。細かいところまで設計されています。

Apple Watch Series4を装着

それでは実際に僕の普段使用しているApple Wach Series4の40mmを装着して見ることに。

うわあ、これはもはや完全にMacintosh(マッキントッシュ)そのもの。

でも画面はApple Watchなんですよね。これはナイスアイディア。

横や上から見るとしっかりとWatchがはまっていますね。

ちなみにW3 Standはシリコン素材なのでWatch本体を傷つけることはありません

後ろにもさりげなく「Designed by elago in California」ロゴが刻まれています。Appleと同じカリフォルニアでデザインされているんですね。

充電する度にレトロなMacintoshがよみがえる

愛らしくて、毎日充電したくなる。

充電スタンドとしても、インテリアや時計としても機能する。これ考えた人すごくないですか。

充電してるというよりかは、インテリアとして生活に馴染んでいます。デスクに置いても良いね。

底面にもシリコンを使用しているので、デスク等への傷防止やすべり止めの効果も。また充電ケーブルが引っかかることもないです。良い感じに穴に収まってくれます。

初代iMac風のW4 STANDもあるよ

また初代iMacに似たてた、「W4 STAND」もあります。正直こっちと悩んだのですが、こっちも買おうかな笑。

あなたの好きなスタンドはどれ?

とにかく愛らしいこいつ。

これを使いたいがためにApple Watchを買う人もいるらしいです(マジだよ)。これはナイスアイディア商品だと思います。インテリアとして一家に一台いかが?

▼今すぐこの記事をSNSでシェアする