これぞミニマリストのためのガジェット。全ての端子を1つで持ち運べる、オールインワン充電ケーブル「allroundo」開封レビュー【PR】

白が基調のカフェを背景にallroundオールインワン充電ケーブルブラックを閉じて左手の人差し指と親指で掴んでいる様子

端末によって違う充電ケーブルの端子。全て同じに統一して欲しいが現実はそうもいかない。

今や2つ以上のデバイス、スマートフォンに加えてパソコンやタブレットなどを使用するのが一般的に。僕自身もiPhoneとAndoroidのスマホの2台持ちでどうしても持ち運ぶケーブルは増えがち

複数の端子を備えた充電ケーブルも最近も増えてきましたが、機能面やデザインがイマイチだったりかさばるものが多くピンとくるものがありませんでした。

これから紹介する「allroundo(オールラウンド)」はドイツメーカー製。複数の端子を持ち運びつつも、デザイン性も優れた商品になります。

全てがここに。オールインワン充電ケーブル「allroundo」開封レビュー!

中央にある充電ケーブル(6-in-1) allroundoの外箱を白い机の上で左手持っている様子

化粧箱からもうお洒落。白と黒のモノトーンで統一された箱からすでに、ドイツのデザイン性の高さを感じます。

充電ケーブル(6-in-1) allroundo(オールラウンド)の外箱に書かれているvonmahlen germanyの文字

すべての端子に対応しており、iPhoneなどのApple製品で使われるLightning(ライトニング)ケーブルはApple(MFI)認証されています。

appleのmfi認証のロゴ3つ
ちなみに“MFi”認証とは、「Made For iPhone/iPad/iPod」の略。これは「iPhoneやiPad、iPodといった機器向けに作られた製品」という意味。Apple が定める性能基準を満たしているつまりその製品が「Apple公式認定品」であることを示します。
allroundオールインワン充電ケーブルはusb-c_usb-a_micro-usbの全てに対応

ちなみにMicro-USBケーブルがあり、これにUSB-CとLightningを取り付けて対応させます。またUSB-AケーブルをUSB-Cに変換するコネクターも付属。

allroundオールインワン充電ケーブルの箱を開いた様子

そして磁石で軽く留められている化粧箱を本のように開けると、右に本体と左に説明が現れました。化粧箱もよく作り込まれています。

コンパクトでいつでも使えるallround充電ケーブルは世界初のオールインワンケーブル

コンパクトで1つにまとまっているので、ポケットやカバンに入れておくだけでほぼ全てのデバイスの充電に対応できます。

コンパクトでいつでも使えるallround充電ケーブルは世界初のオールインワンケーブルの化粧箱を開けて左手で持っている様子

では箱から取り出してallroundoの本体を詳しくレビューしていきましょう!

コンパクトなのに全ての端子が収納可能

allround充電ケーブル左手前に開けての接続端子も左斜めに向いている様子

開けてみると中央に接続端子が3つ収納でき、その周りを囲むようにケーブルも収まります。重ばらないのは非常にGood !

allroundブラックのケースに書かれている充電端子名

3つの端子がうまく収まるように、それぞれの収納場所には名前が書かれていました。デザインも良いですが機能面もよく考えられていますね

allroundオールインワン充電ケーブルブラックを閉じて白い机の上に置かれている 白が基調のカフェを背景にallroundオールインワン充電ケーブルブラックを閉じて左手の人差し指と親指で掴んでいる様子

丸くて愛らしい。

そして閉じるとこんな感じ。皮のストラップも付いているので、手のひらサイズでカバンなどに掛けることも可能。

allroundオールインワン充電ケーブルブラックを閉じて白い机の上で

裏面は黒いプラスチック素材で「Designed in Germany」の文字も。

左からLightningケーブルtype-typeCケーブルが2つ並んでいる様子

接続ケーブルはそれぞれこんな感じ。価格もありますがちょっと安物感は否めませんね。ただその分軽いのはGood。

allround充電ケーブルのブラックの伸びるmicro-usbケーブル

Micro-USBケーブルにはロゴがプリントされており、伸び縮みします。これが割と便利。例えば、モバイルバッテリーで充電しながらでもケーブルが重ばることなく充電可能。

allround充電ケーブルのブラックの伸びるmicro-usbケーブルにUSB_TYPE-Cケーブルを装着している様子

USB-Cで充電したいときはUSB-A側に変換コネクター(USB-C)をつければ可能です。

allround充電ケーブルのブラックの伸びるmicro-usbケーブルとケースLightningケーブルtype-typeCケーブル端子が並んでいる様子

これらが全て1つにまとまっているのが素晴らしいですね。

僕が感じたallroundoの2つのデメリット

❶USB-Cには少し接続が弱い点。USB-Cコネクターで僕のWifiルーター(Huawei W04 HWD35)で充電した際に片面では充電ができませんでした(反対の面では充電できました)。ちなみにLightningは特に問題なし。

❷同時に充電できるのはケーブルがひとつなので1台だけという点。まあコンパクトに収まっているのでそこまで求めるのはちょっと言い過ぎかもしれませんが。

まとめ

白が基調のカフェを背景にallroundオールインワン充電ケーブルブラックを閉じて左手の人差し指と親指で掴んでいる様子

カラーは、ブラック・ホワイト・ミントの3色展開。シンプルにブラックやホワイトを選んでもよし、ミントも爽やかで選択肢としてはあり。

接続端子もしっかりと挿せて安定感があり、複数のケーブルでかさばる荷物をコンパクトに持ち運べる実用性とデザインを兼ね備えた「allroundo」。あなたのカバンやバックなどに一つ入れておいてはいかがでしょうか?

Daiking
いつも自宅にあるケーブルを外出時に取り外して、帰宅したら付けていた手間が無くなりました。なんで今までこんな面倒なことしてたんだろう。
白が基調のカフェを背景にallroundオールインワン充電ケーブルブラックを閉じて左手の人差し指と親指で掴んでいる様子

▼今すぐこの記事をSNSでシェアする