もはやアート!ヒルトン東京マーブルラウンジでストロベリーデザート&ディナーブッフェ食べてみた!

ヒルトン東京マーブルラウンジでデザート&ディナーいちごブッフェのストロベリー・サイケデリック 60sを訪れた様子
Daiking
今回はヒルトン東京のマーブルラウンジでデザート&ディナーブッフェを楽しみたいと思います!初めてヒルトンに行くのでちょっと緊張してる笑

ヒルトン東京は西新宿に位置しており、今回はJR新宿駅から歩いて向かいました。15分ほどで到着。ちなみに新宿駅→ヒルトン東京までは無料送迎バスもあります。1時間に20分ずつ、3回来るのでこちらの利用もオススメです。

hilton_tokyo新宿の入り口ロータリー

かなり高級感が漂っており、ラグジュアリーな雰囲気です。なんかセレブになった気分です。

hilton_tokyo新宿の入り口ロータリー

ヒルトン東京マーブルラウンジとは?

中央にらせん階段を配し、2階まで吹き抜けの開放感あふれる「マーブルラウンジ」。全208席と開放感あふれるモダンでラグジュアリーな雰囲気が漂います。

ヒルトン東京マーブルラウンジでデザート&ディナーいちごブッフェ

早朝から深夜まで本格的なメニューと、朝食からランチ、デザート、ディナーまで各種ブッフェを提供。全席ソファー席でお一人用のカウンター席も完備。

ラウンジ利用はもちろん、ビジネスミーティングやご家族、ご友人との会食、食後のドリンクまで利用することが可能。

毎年行われる芸術性の高いスイーツが並ぶデザートブッフェ

ヒルトン東京のレトロ可愛い姫スイーツ30種類&話題の‘とてたま’の世界「ジャポニズム~花よりマカロン」デザートフェア

ヒルトン東京公式ページより引用

特にスイーツというよりかはもはや「アート」な食べ物達が並ぶデザートフェアといえば、ヒルトン東京というほどの人気

有名シェフやパティシエ、デザインナーが作り上げたスイーツ達は、味はもちろんインスタ映え間違いなし。

そして僕が訪れた際に行われていたのは、ストロベリーデザートブッフェ「ストロベリー・サイケデリック60s」。

ストロベリーデザートブッフェ「ストロベリー・サイケデリック60s」

ヒルトン東京公式ページより引用

もはやアートギャラリーを訪れたよう。カラフルでポップな色合いは見ているだけで元気になりそうです。

ラウンジの入り口からブッフェ全体に敷かれるカラフルなドットパターンをはじめ、様々なアイテムやデコレーションがポップでサイケな60年代を演出。

版画家 西脇光重氏によるオリジナルアートや、2面のスクリーンで展開されるプロジェクションマッピングにも注目です。

ヒルトン東京公式ページより引用

それではヒルトン東京マーブルラウンジへGo!まずはディナーから

ヒルトン東京マーブルラウンジの様子。デザート&ディナーいちごブッフェ

マーブル(大理石)ということで、大理石の柱で良い大人な雰囲気です。デートとかよさそう。

ヒルトン東京マーブルラウンジでデザート&ディナーいちごブッフェのラウンジの様子

ディナーは様々な食がステーションという区切りごとに、別れて自分で好きなものを好きなだけ取って食べることができるブッフェ方式です。

毎年予約が取れないと話題の「マーブルラウンジ」のストロベリーデザートブッフェより、フレッシュ苺を含む人気の高いストロベリーデザート約15種類と、ローストビーフや日替わりメインディッシュなど約60種類の料理を一度に楽しめるデザート&ディナーブッフェ!

生ハム、サラミやシュリンプサラダなど日替わりで変わる前菜のスターター、ローストビーフ等を楽しめるカービングコーナなどがあります。

ヒルトン東京マーブルラウンジでデザート&ディナーいちごブッフェのディナーコーナー

オシャレな空間で好きなものを好きなだけ食べる!最高ですね。このブッフェを取りに行く瞬間のワクワク感はたまらない。

ヒルトン東京マーブルラウンジでデザート&ディナーいちごブッフェdのストロベリー・サイケデリック 60sのムール貝

シーフードは3種類あり、ムール貝・かに・えびを好きなだけどうぞ。

Daiking
ちなみにムール貝が美味しくてひたすら食べてました笑。
ヒルトン東京マーブルラウンジでデザート&ディナーいちごブッフェのディナー

こちらは日替わりで変わるメインコーナー。ラムレッグロースト、シーフードパエリアやチキングリーンカレーなどコーンスープとかもありました。

ヒルトン東京マーブルラウンジでデザート&ディナーいちごブッフェの鉄板焼き

そして奥では牛肉の鉄板焼きも楽しめることができます。その場で焼いてくれる(ライブ鉄板)お肉は美味しかったですよ。個人的に一番美味しかったかもしれません。

ヒルトン東京マーブルラウンジでデザート&ディナーいちごブッフェで用意されているビネガー

あと珍しい調味料等も充実していて、見てるだけで楽しい。白ワインビネガーなんて初めて見ました。タラゴンってなんだろう。

ヒルトン東京マーブルラウンジでデザート&ディナーいちごブッフェのディナーサラダ

もちろん生野菜も充実しており、自分で好きなサラダを作っちゃいましょう。あとパン類やアイスクリームもありましたね。実は、多すぎて全部たべれなかったのですが笑。

ヒルトン東京マーブルラウンジでデザート&ディナーいちごブッフェを満喫

Daiking
うへえ、取りすぎてお皿に乗らない!ブッフェ楽しい!全部食べるぞ!

巨大なチーズ容器に入ったシーザーサラダは圧巻

ヒルトン東京マーブルラウンジでデザート&ディナーいちごブッフェのチーズ容器シーザーサラダ

これがものすごく大きくて面白い!チーズ大好き人間にとっては最高ですね。もはや容器ごと食べたい笑。

ヒルトン東京マーブルラウンジでデザート&ディナーいちごブッフェの青カビチーズ

その横に3種類のチーズもあってワインのおつまみに最適でした。チーズも自分でカットする方式は不思議な体験でした。

ヒルトン東京マーブルラウンジでデザート&ディナーいちごブッフェのローストビーフディナー

最後に日替わりで変わるカービングコーナー。僕が訪れた日はローストビーフでした。かなり厚切りで大きく美味しかったですよ。でももう少し薄い方が食べやすかったな笑。こちらも目の前でスライスしてくれますよ。

ローストチキンやサーモン、ポークベリーやポークリブとかもあるようです。

それではマーブルラウンジのディナーブッフェいただきます!

ヒルトン東京マーブルラウンジでデザート&ディナーいちごブッフェの盛り付け

ああ美味しそう。これは幸せ以外のなにものでもないですね。

ヒルトン東京マーブルラウンジでデザート&ディナーいちごブッフェの盛り付け

ブッフェですが、金曜日、土曜日、日曜日のディナーについては、18:00~20:00または20:30~22:30の2時間制。

そして飲み放題も付いているので、好きなだけ飲めますよ!ただしメニューは、ビールと赤ワイン白ワインくらいだったと思います。あとソフトドリンクももちろんOK。

せっかくなので白ワインをチョイス。飲みやすくて普通に美味しかった。優雅に土曜日にヒルトン東京でビッフェ最高。

ヒルトン東京マーブルラウンジでデザート&ディナーいちごブッフェのドリンクメニュー

一応ドリンクメニューも別料金ですがあります。モエシャンドンやドンペリなど良いお値段します。さすがヒルトンです。

お待ちかね!ストロベリーデザートブッフェはインスタ映えといちご満載

ヒルトン東京マーブルラウンジでデザート&ディナーいちごブッフェ

ブッフェの一角だけ異色の雰囲気を醸し出していました。これはすごい、インスタ映え間違いなしです。これが60年代のポップアートやファッションをイメージした、ちょっぴり不思議でサイケな世界

ヒルトン東京マーブルラウンジでデザート&ディナーいちごブッフェのストロベリー・サイケデリック 60s

ストロベリーデザートは約15種類。フレッシュ苺はもちろん、人気のストロベリータルトやグラススイーツの他、「苺のパチパチマシュマロ」や「苺の板チョコレート」など。

カラフルでポップな世界観は、見ているだけで元気で楽しい気分になります。

ヒルトン東京マーブルラウンジでデザート&ディナーいちごブッフェのストロベリー・サイケデリック 60s

ストロベリー色のチョコレートファウンテンはまさに圧巻!チョコフォンデュならぬイチゴフォンデュも楽しむことができます。

ヒルトン東京マーブルラウンジでデザート&ディナーいちごブッフェのストロベリー・サイケデリック 60sのいちご板チョコ

個人的にこの「苺の板チョコレート」がすごい美味しかったです。飾り付けや背景がポップで見ても食べても美味しい。

ヒルトン東京マーブルラウンジでデザート&ディナーいちごブッフェのパチパチ苺マシュマロのシュセット

こうやって砂糖の砂にささっている演出も良いですね。ちなみにシュセット(SUCETTE)とはフランス語で「棒付きお菓子」という意味。フランスでは特にペロペロキャンディーを指します。

ヒルトン東京マーブルラウンジでデザート&ディナーいちごブッフェのストロベリー・サイケデリック 60s ヒルトン東京マーブルラウンジでデザート&ディナーいちごブッフェのストロベリー・サイケデリック 60s

もう全てがアートで可愛い。手前のレインボーショートケーキ鮮やかすぎる。

ヒルトン東京マーブルラウンジでデザート&ディナーいちごブッフェのストロベリー・サイケデリック 60s

好きなだけ撮り(取り)放題!実際にスマホのカメラで撮影して人は沢山いましたよ!女子会なんてかなり良いんじゃないでしょうか。

ヒルトン東京マーブルラウンジでデザート&ディナーいちごブッフェのストロベリー・サイケデリック 60sを訪れた様子

Daiking
意外だったのが、普通のイチゴ(フレッシュストロベリー)も食べ放題でした。本当にイチゴを満喫できます。ガラス瓶に入った苺のシェイクも美味しかったなあ。
ヒルトン東京マーブルラウンジでデザート&ディナーいちごブッフェのストロベリー・サイケデリック 60sのコーヒーなどのカフェドリンク

もちろんカフェコーナもあるので、僕は淹れたてのカフェラテをいただきました。本場イタリア発のコーヒーチェーン店の Segafredo Zanetti (セガフレード・ザネッティ)のコーヒーマシンです。うまい。

土曜日ディナーで1人約7,000円で食べ飲み放題満喫

ヒルトン東京マーブルラウンジでデザート&ディナーいちごブッフェのストロベリー・サイケデリック 60s

ディナーブッフェの価格は以下の通り。ただしこちらは税抜きで、これらに追加でサービス料金が加算されれます。

月曜日~木曜日お一人様 5,000円 / お子様(4~12歳) 3,000円
金曜日~日曜日・祝日 お一人様 6,000円 / お子様(4~12歳) 3,500円

予約して行くのがスムーズでスマートかと思いますが、必ずしも必要とする訳ではないようです。時間は金曜日、土曜日、日曜日のディナーについては、18:00~20:00または20:30~22:30の2時間制。

2時間だとちょっと少ないかなと思いましたが、ゆっくりお喋りしながら食べても時間が余るくらいでした。ほぼ全てのメニューを満喫できたのでこれくらいがちょうど良いかも。デートや女子会にかなり良いと思います。家族連れの方もいましたね。

Daiking
ちなみに僕が行ったのは土曜日の20:30~でしたが、すごい混んでいる感じではありませんでした。なのでこちらのほうが比較的空いていたのでオススメ。
店名マーブルラウンジ
電話03-3344-5111(代表)
※レストラン予約受付時間 10:00~21:00
場所1階 ロビーラウンジ ホテルへのアクセス
営業時間・ブレックファスト:6:30~10:30(土・日・祝日~11:00)
・ランチブッフェ:11:30~14:00(月曜日~土曜日)
・ブランチブッフェ:11:30~14:00(日・祝日)
・デザートブッフェ:14:30~17:30
・ディナーブッフェ:18:00~21:00(月~木)/ 18:00~22:30(金~日、祝日)
定休日無休
参考料金・ブレックファストブッフェ
お一人様3,200円 お子様(6~12歳)2,000円
・ランチブッフェ(月~土曜日)
お一人様4,100円 お子様(4~12歳)2,450円
・ブランチブッフェ(日祝日)
お一人様5,100円 お子様(4~12歳)3,100円
・デザートブッフェ
平日 お一人様3,900円 お子様(4~12歳)2,500円
土日祝日 お一人様4,050円 お子様(4~12歳)2,600円
・ディナーブッフェ(月~木曜日)
お一人様5,000円 お子様(4~12歳)3,000円
・ディナーブッフェ(金~日曜日・祝日)
お一人様6,000円 お子様(4~12歳)3,500円
席数208席
その他※表示料金に別途税金とサービス料が加算されます。
ヒルトン東京マーブルラウンジでデザート&ディナーいちごブッフェのストロベリー・サイケデリック 60sを訪れた様子

▼今すぐこの記事をSNSでシェアする