【日本最古】昭和天皇も愛した駅弁!おぎのやの峠の釜めし食べてみた!

日本最古の駅弁荻野屋の釜飯を食べてみた
Daiking
新幹線に乗る時は必ず駅弁買っちゃうの。うふ。(年に2回ぐらいしか食べないけど)

旅行しながら電車の中で食べる「駅弁」ってなんであんなに美味しいんですかね。僕も買ってしまいます。今回ご紹介する荻野屋(おぎのや)の峠の釜飯日本最古の駅弁といわれています。実はたまたま親からもらいました。

これはブログネタとしても駅弁としても美味しい(うまい!)ので食べてみたいと思います。

荻野屋(おぎのや)の峠の釜飯が誕生したのはなんと1958年

荻野屋の峠の釜飯の誕生秘話

今から約60年前の1958年に荻野屋の峠の釜飯が誕生しました。僕の年齢の倍以上前に存在してたということですね。すごい歴史ある駅弁なんですね。

おぎのやさんのホームページによると、釜飯の駅弁にはこんな誕生秘話があったそう。

何かご要望はありませんか。」今から約55年前、おぎのや会長である故・高見澤みねじは、自らホームに立ち、旅行者ひとりひとりの駅弁へのご意見・想いを聞いて回りました。そこで、彼女はひとつの答えにたどりついたのです。「あたたかくて、家庭的な楽しいお弁当が求められている」と。

お客様と向き合うその真摯な姿勢が、新たな駅弁開発のきっかけとなり、1958年、益子焼の土釜に入った駅弁、「峠の釜めし」が誕生したのです。

おぎのや公式ホームページ・誕生秘話より引用

会長自らホームや車両の乗客に声をかけるなんて、すごい情熱の熱い方だったのでしょう。その想いが詰まった60年前の駅弁を今(2017年)食べていると考えるとなんか泣けてくるまだ駅弁食べてないけど

60年間の想いが詰まった駅弁をいざ実食

日本最古の駅弁おぎのやの峠の釜飯食べてみた

容器は益子焼の土釜になっており、ずっしりと重いです。想い(重い)が詰まっていますからね。このお箸が結ばれている感じが駅弁ぽくて良いです。

日本最古の駅弁おぎのやの峠の釜飯食べてみた

群馬県の横川という所で製造されています。本店も横川にあります。

日本最古の駅弁おぎのやの峠の釜飯

日本最古の駅弁屋。昭和天皇も軽井沢を訪れた際には「特製・峠の釜めし」を食べるのが慣例だったとか。

日本最古の駅弁おぎのやの峠の釜飯

さあ包み紙を取ってもうすぐ中身のお披露目ですよ!かわいいお手拭き付きです。

それでは日本最古の駅弁開封!

日本最古の駅弁おぎのやの峠の釜飯

それでは日本最古の駅弁!おぎのやの釜飯をオープン!

日本最古の駅弁おぎのやの峠の釜飯

具材がたっぷり釜飯の上に乗っかってます!具材の色彩が美しいです。旅行しながら電車で食べたい。

日本最古の駅弁おぎのやの峠の釜飯を開封

それではいただきます!!!

日本最古の駅弁おぎのやの峠の釜飯を開封

主な具材を紹介します。左上にあるオレンジ色のものが杏子。その下にあるのが関東風の濃いめに味付けされた干し椎茸。

右上の白いのがで中央にうずらの卵グリンピース。黄色いごぼうと秘伝のタレを絡ませた鶏肉の煮付けがあります。

釜飯とそれぞれの具材の相性は抜群です!美味しい!特にダシの旨さと言えばいいでしょうか。濃すぎず薄すぎず絶妙なんですよね。「日本人でよかった!」と言いたくなる味です。鶏肉の煮付けうますぎ。

でも残念ながら僕は椎茸が食べれないのでそこは美味しさがわかりませんでした(笑)。杏子も不思議な味で僕は苦手でしたね。

まとめ

「おぎのやの峠の釜飯」は一度は食べる価値あり!冷えていても美味しかったです。温かい状態で食べたら絶対に旨いに違いない。

また食べ終わった後の釜の利用方法も色々あるようなので活用してみたいと思います。ご飯を炊いたりパエリアチーズフォンデュに使ったりできるみたいです笑

マツコさんが怒り新党でも紹介されていました。「峠の釜めし」の釜って何か捨てづらくない?ご飯でも炊いて活用してみます。

おぎのやの釜めしの活用方法
日本最古の駅弁荻野屋の釜飯を食べてみた

▼今すぐこの記事をSNSでシェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください