Macの電源がつかない!対処方法とAppleに問い合わせてタダで修理してもらった話

macの電源がつかなくなった話
Daiking
今回は僕のパソコン(Mac)の電源が突然つかなくなったお話です。正直めっちゃ困りました。

ある日の朝、僕はいつものように「Macbook Pro」の電源をつけようとしました。ブログのアクセス解析が日課です。しかし突然その時は訪れました

いつものようにMacbookの電源を入れようとすると・・・

Daiking
さて電源を入れてと。あれ・・・つかない。電池切れかな。しっかり充電したはずだけどなぁー。というかめっちゃ本体熱くね?
macの電源がつかないときの対処法とまとめ

電源プラグ(mag safe)を接続してみるが全く反応なし。昨日の夜まで普通に使えたのに・・・なぜだ?????
この時点で軽くパニック状態でした。だって大事なデータがたくさん入ってるもん。これはヤバい・・・
とりあえず検索してみて色々試してみました。

興味ない人は飛ばしてくださいね。

Macが起動しないときに試すコマンド

まずAppleに最初に言われるのは「NVRAM(PRAM)のリセット」でしょう。「設定情報を記憶しておく小容量のメモリをリセットしてみよう」という操作です。

NVRAM(PRAM)のリセット

macのNVRAMリセット方法
手順としては
①Macの電源を切る
②電源を入れ、すぐに「option」「command」「P」「R」の4つのキーを同時押し20秒ほどそのまま押し続ける
③「ジャーン」というMacの起動音が2度鳴るまでキーを押し続け、2度起動音を確認したら放す

Apple公式サイトを参考

MacのSMC(システム管理コントローラ)をリセット

NVRAM(PRAM)のリセットで起動しない場合はSMCリセットを試してみましょう。電源ボタンを押しても反応しない、充電されない、コンピュータのファンがずっと回る場合などはSMCのリセットが必要です。①から試しましょう。

①「command + option + esc」キーを押して、応答していないアプリケーションを強制終了します。
②Macの一番左上のから「スリープ」を選択し、Macをスリープ状態にします。スリープ状態になったら、スリープを解除します。

③同じく一番左上のから「再起動」を選択し、Macを再起動。

④こちらも一番左上のから「システム終了」を選択し、Macをシステム終了。

⑤Macが応答しない時は、電源ボタンを10秒間押し続けて強制終了!。

Apple公式サイトを参考

他にもセーフモードリカバリーモードでの起動もあったので試してみましたが全く僕のMacは動かない・・・

Appleに問い合わせることにした

appleのサービスやソフトウェアに関するサポート

とりあえずわからない場合はAppleに問い合わせるのが一番早いです。①電話チャットEメールでの問い合わせが可能です。

僕はチャットで問い合わせましたが、電話が一番スムーズでおすすめです。5分くらいでオペレーターの方に繋いでくれます。

ですがチャットでのメリットもあります。オペレータとの記録を残したい方にはチャットがおすすめです。希望すればチャット終了後にメールで自分に送信できますよ。

アップルサポートにチャットで質問

オペレーターさんいわく、何も反応がないのでソフトウェアの問題ではなくハードウェア(パソコンの部品)に問題があるらしい。ということで修理に出すのを勧められました。

チャットでは、「現状をオペレーターさんに伝える」→「解決策の提案」が基本的な流れです。

僕はバックアップを取っていなかったので民間の業者さんとか紹介してくれました。レスポンスも早く、20分程で終了しました。

MacをGenius Barで見てもらう

appleのジーニアスバーでmacをみてもらう

近くにApple StoreApple正規サービスプロバイダ(ビックカメラやヨドバシカメラなど)でみてもらうのが良いでしょう。近くに店舗がなければ郵送で送ることも可能です。

Genius Barは僕のように「パソコンの電源がつかない!」「iPhoneが壊れた!!!」「バックアップの取り方がわからん!!!」などApple製品について困ったことがあれば何でも質問でき、対応してくれます

飛び込みでも空いていれば大丈夫ですが、基本的には事前予約がスマートでしょう。いつも混んでいるので予約しないと長時間待たされます(笑)

せっかくなのでアップルストアに行こうかと思ったんですが2、3日先まで予約でいっぱい!だったので空いていたビックロ(ビックカメラ新宿東口店)に予約して行きました。
地下2階のアップル製品が販売されている近くに修理カウンターがあります。

混んでたけど予約していたので一瞬で対応してくれました笑
店員さんとの実際のやりとりはこんな感じで進みました(以下)

店員さん
「今日はどうされましたか?」
Daiking
Macの電源がつかなくなってしまって・・・いろいろ試したんですが
店員さん
なるほど。ちょっとパソコン確認してみますね。少々お待ちください(裏の方へMacを持っていく)
10分ほど経過・・・
Daiking
まだかな、まだかな・・・(そわそわ)

そうすると店員さんが現れ、

店員さん
これはダメですね。工場に送ってみてもらうのがいいと思います
Daiking
まじですか・・・。どれくらい掛かりそうですか?(ガーン
店員さん
うーん、だいたい1週間から10日ぐらいだとおもいますね。ただ保証期間内なので料金は掛からないと思いますよ
Daiking
あー・・・。なるほどですね。それ以上早く直す方法ってあったりしますか?1週間も待てねぇーーー!!!!
店員さん
多分、どこに持って行っても同じだとおもいますよ(キラッ)
Daiking
なるほど・・・。修理お願いします」(チーン・・・)

そして1週間後ビックロから電話が

修理が終わったら電話が来ることになっていたのですが、ようやくキターーー!!!!!

動作をチェックしてようやく使えるようになりました!そして明細書を貰ったのですが、ついでにAppleのクリアファイルもゲット!ある意味レアかも?

アップルのクリアファイル

Macの修理費はまさかの○○円!!!

タイトルにもある通り、保証期間内だったので修理費はタダ!でした。がしかし、渡された明細書によると・・・

macの修理費の明細書

まさかの6万えーん!!
高杉晋作!!!(高すぎ)。アップルさんありがとうございます。

macの修理のパーツ交換の詳細

電源が入らないと言っただけですが、キーボードやトラックパッドや画面も交換してくれたようです。ただここで注意点があります修理後90日保証がつくのですが、あくまで交換されたパーツのみ保証対象とのこと。つまり交換されていないパーツは対象外です。

まとめ

macの修理をしてみた感想とまとめ

自分のMacでもiPhoneでも不具合があった場合はまず①Appleサポートに電話またはチャットしてましょう。それでも厳しそうなら,
Genius Barを予約して実際に話を聞くのがいいかと思います。あと日頃からデータのバックアップはとっておくべきです。

Daiking
僕はたまたまデータは生きていましたが、突然電源がつかなくなる何てこともありえるからです。パソコンは大切に使いましょう笑
▼Apple関連のおすすめ厳選記事3つ!
macの電源がつかなくなった話

▼今すぐこの記事をSNSでシェアする

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.